大学生の生活時間|勉強しないで何に時間を使ってるの?

大学生の生活時間

日本の大学生は勉強しないことで有名ですが、勉強せずにどのような活動に時間を割いているのでしょうか。

飲み会やサークル活動に多くの時間を費やす学生は「ダメ学生」としてイメージしやすいですよね。

今回は日本学生支援機構の 『平成26年度学生生活調査』を参考に、そういった学生がどの程度いるのかなども見ていきます。

※それぞれの活動に対して6時間未満を「消極的層」・11時間以上を「積極的層」として分割します。

学習時間

大学の授業

  • 0時間:6.1%
  • 1〜5時間:14.2%
  • 6〜10時間:10.5%
  • 11〜15時間:15.7%
  • 16〜20時間:22.1%
  • 21〜25時間:17.9%
  • 26〜31時間:7.1%
  • 31時間以上:5.8%
  • 6時間未満:20.3%
  • 11時間以上: 68.6%
データからの考察
多くの大学生は週6時間以上授業に出席しています。1授業1.5時間だとするなら、少なくとも4つの授業に出席しているはずです。となると、普通であればそれでも授業の予習や復習、課題などにも時間を費やす必要がありますが、実際のところは「ただ授業に出席しているだけ」の学生が多いです。

大学の授業の予習・復習など

  • 0時間:21.1%
  • 1〜5時間:51.9%
  • 6〜10時間:15.8%
  • 11〜15時間:5.7%
  • 16〜20時間:2.2%
  • 21〜25時間:1.1%
  • 26〜31時間:0.5%
  • 31時間以上:9.9%
  • 6時間未満: 73.0%
  • 11時間以上: 18.2%
データからの考察
最低限授業には出席しているにもかかわらず授業の予習や復習などに費やす時間はかなり少ないことが分かりました。これでも単位がとれてしまうんですから本当に不思議ですよね。

大学生は授業には出るが、自学しない

大学生の68.6%は11時間以上授業に出席し、大学生の73.0%は授業の予習・復習などをほとんどしません。このデータから明白ですが、大学生は一応授業には出ているものの(授業に出席しない学生も大勢いますが)かなりの割合で自学していないことが分かりました。

海外からしたら学習をしない大学生なんて笑われてしまいますが、日本ではこれが当たり前であり、「まずい」と思っている大学生は少ないでしょう。

大学の価値が卒業にしかないように見えるなら、単位を取ることだけに集中すれば良いと考えるかもしれません。ただ、社会人が大学生のうちにやっておけば良かったと後悔するもののトップには「もっと勉強すれば良かった」が入ります。

自学しないなら、それで後悔はしないよう行動してください。

団体活動時間

部活動・サークル

  • 0時間:44.7%
  • 1〜5時間:26.4%
  • 6〜10時間:12.2%
  • 11〜15時間:6.0%
  • 16〜20時間:2.9%
  • 21〜25時間:1.8%
  • 26〜31時間:1.0%
  • 31時間以上:1.4%
  • 6時間未満:71.1%
  • 11時間以上: 13.1%
データからの考察
大学生は部活動やサークルに一生懸命になっている印象がありますが、実際はそんなに力を入れていない人がほとんどです。サークル等の加入率は9割を超えますが、実際に活動している人は半数程度しかいません。

サークル活動は当たり前ではない

大学生に入ったらサークル選びから始めることも多いかもしれませんが、半数以上の大学生はサークル以外の活動に精を出しています。

よって、サークルをしている大学生を当たり前のものとして見るのではなく、他の大学生がどのような活動をしているのかにも注視してみてはどうでしょうか。

仕事時間

アルバイト・定職

  • 0時間:32.3%
  • 1〜5時間:8.8%
  • 6〜10時間:14.7%
  • 11〜15時間:17.6%
  • 16〜20時間:13.9%
  • 21〜25時間:6.6%
  • 26〜31時間:2.6%
  • 31時間以上:2.7%
  • 6時間未満:42.1%
  • 11時間以上:43.4%
データからの考察
アルバイトを熱心にやっている人もいれば、そうでない人もいます。割合は半々程度みたいですね。

アルバイトに熱中しすぎるな

アルバイトに時間を費やせばお金は少し稼げるかもしれませんが、その時間は他の活動にも費やすことのできた時間です。

「アルバイトのし過ぎで留年してしまった」なんてのは笑い話ですが、あなたにとってどの活動を優先して取り組むべきかはその都度考えて実行していく必要があります。

遊ぶ時間

娯楽・交友

  • 0時間:3.3%
  • 1〜5時間:28.8%
  • 6〜10時間:29.5%
  • 11〜15時間:16.7%
  • 16〜20時間:8.4%
  • 21〜25時間:4.1%
  • 26〜31時間:2.1%
  • 31時間以上:6.2%
  • 6時間未満:32.1%
  • 11時間以上:37.5%
データからの考察
友達との遊びや飲み会などに熱中している人もいれば、そうでない人もいます。割合は半々程度みたいですね。ただ、多くの大学生が毎週6時間以上人との交友に時間を費やしています。

後悔しない程度に遊びをしよう

「遊びを楽しめるのは大学生のうちだけ」というのは嘘です。社会人になっても効率よく時間を使えればいくらでも遊びに時間を費やすことはできます。

大学生のうちに遊びに専念し過ぎると就活時期になって焦ります。焦って志望した企業に就職できれば良いですが、たいていの場合はそんなにうまくはいかないでしょう。

先のことを考えて、後悔しないような時間の使い方を考えてみてください。

まとめ

現在の状況は過去が生み出している

今あなたがどのような状況にあるかは分かりませんが、現在のあなたの状況は過去にどのような行動を積み重ねてきたかの結果です。

過去の事実を変えることはできませんが、未来は現在の行動によって変えることができます。

もし今の状況が好ましいものではない、または将来好ましくない状況が発生するであるものなら、今すぐ時間の使い方を改めてより有意義な活動に時間を費やしていってください。

大学生の生活時間

面倒な登録作業を一括できる神サービス
Start就活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Campus Hub

全記事必読!とある社会人グループが運営しているWebマガジンです。僕らが大学生のうちに知っておきたかったリアルな情報が満載。学生生活の過ごし方からお金の稼ぎ方まで公開していきます。※SNSをフォローしておくと、最新情報がすぐ手に入るよ!