一人旅は寂しいの?大学生に伝えたい一人旅のメリット・デメリット

大学生に伝えたい一人旅のメリット・デメリット

一人旅をしてことのある学生さんはどれくらいいるでしょうか?

半数程度は学生期間中に経験するのではないかと思いますが、一人でどこか遠くに出かける機会はこれまでそんなにないんじゃないかと思います。

そこで今回は一人旅のメリットやデメリットについてまとめてみました。

社会人の中には一人旅を勧めてくる人がいたり、自由人系(笑)の人たちの中に一人旅が好きな人がたくさんいますが、良いことばかりではありません。

一人旅のメリット

1.他人に左右されず自由に行動できる

一人旅の最大のメリットは「自由」に行動ができることです。誰かと一緒の場合はある程度スケジュールを決めて行動し、個人の意思よりも集団の意思が尊重されます。一人旅ならそうした制限がないので、自由に行動することができます。

2.行きたい場所に行ける

行きたいと思ったら、個人の意思でその場に行けます。例えそこが現在地よりずっと遠い場所でも、危険な場所であっても自己責任で行き先を決めることができます。

3.いつでも予定を変えられる

一人旅であっても旅行を充実させるためにスケジュールを組むのが良いですが、旅行の最中に「あそこも行ってみたいな」とかあれば、気軽に予定を変更して自分の好きなように行動することができます。

4.質素な旅行ができる

誰かと一緒だと何かしらの見栄を張ってしまって、きちんとした宿に泊まる・旅行先での支払いをケチらない・ちょっと贅沢な遊びをしてしまうなどあると思います。一緒に旅行している友人が一人だけケチで「俺はいいや」みたいなことを言い出したらちょっと引きますよね。

ですが、一人旅なら旅費を最小限に抑えることができ、本当に使いたい場所にお金を費やすことができます。

5.ゆっくり自分と向き合うことができる

生活圏から離れば場所で一人きりになった空間は、自分を見つめ直すのにぴったりです。非日常的な空間で客観的に自分の生活を見つめ直し、元の生活に戻った時に何をすべきなのか?何を大切にしていけば良いのか?といったことを考えてみてください。

6.出発・帰省の予定を他人と合わせる必要がない

一人旅は思いついた瞬間に旅立つこともでき、自分のペースで気軽に出発・帰省することができます。誰かと一緒に旅行に出かける際には予定を合わせるのが面倒だったりしますが、そうした面倒なプロセスを踏む必要がありません。

7.集団だとできないことができる

一人旅だからことできることがあります。現地の人と積極的にコミュニケーションをとったり、行くのが面倒な場所に訪れたり、マイナーな観光地に出かけたりするのは一人旅の方が向いています。

8.新しい出会いがある

友達と一緒に旅行に出かけたら、旅行先でも友人同士でつるむことがメインになります。それが一人旅なら、寂しい旅を楽しませるためにも人との出会いを大切にしてコミュニケーションをとろうと思うようになり、新しい出会いに繋がります。

9.宿泊や旅行プランの調整が効く

集団で旅行をしている時に、例えば「あ、ホテルの予約してなかったわ」なんて言われたら流石に「アホかw」ってなりますよね。また、急に誰かが「予定変更で〜す」とか言って行く先を変え出したら楽しい旅行になる可能性は低いのではないかと思います。

一人旅のデメリット

1.思い出を共有できない

一人旅の致命的なデメリットは一緒に時間を共有し、旅を楽しめる仲間がいないことです。同じことをしても、誰かと一緒の方が何倍も楽しかったりします。一人旅で起きた楽しい出来事を「こんなことがあってさ…超楽しかった」なんて話すのは少し寂しい感じもします。

最近ではSNSの普及でリアルタイムで一人旅の様子を共有できてコミュニケーションがとれますが、やっぱり好きな相手と体験を共有できないのは少し寂しいですよね。

2.話し相手がいない

一人旅のほとんどは一人で誰かと会話をすることなく過ごす時間です。話し相手がいないので、一人で黙っているしかありません。話好きな人にとっては辛いと思います。

3.何があっても自己責任(頼れる人がそばにいない)

旅行先で何があっても自分で対処するしかありません。例えば、怪我をした・財布を盗まれた・詐欺にあった…危機管理能力や対応力が問われてきます。

4.色々と危険が多い

一人旅をしている人はある種の人にとって絶好のカモです。財布の中に入っているお金は多く、助けを呼べる人もいません。治安の悪い場所・女性の一人旅は危険がつきものです。

5.ノスタルジックな気分に陥る

一人でいることに慣れてない人は旅行先でノスタルジックな気持ちに苛まれます。せっかく遠くに出かけたのに「早く帰りたい」と思い、人によっては「楽しくないし、もう帰っちゃおうか」といった欲が出てきます。

一人旅に向いている人

以下のような人にとって一人旅は非常におすすめです。

  • 精神的に自立している(自立したいと考えている)
  • 好奇心が旺盛
  • マイペース
  • 一人でも大丈夫・一人で行動するのが好き
  • 主体的に行動できる
  • 状況に応じて柔軟な対応ができる
  • リスク管理ができる

逆に、旅行に対して特段の興味がなく、集団行動が好きで一人でいることが苦手な人は一人旅に向いていません。ただ、そういう人ほど何か得るものはあるかと思うので、一度挑戦してみるのも良いかもしれません。

一人旅と一口に言っても、バックパック、ツアー旅行、バイク旅、○○巡り(温泉・美術館・世界遺産…)など様々です。自分に合ったスタイルを探してみましょう。

 

まとめ

一人旅と集団旅行を使い分けよう

分かったと思いますが、一人旅にも集団で旅行するのは全然別ものです。一人旅は自由に行動できて制約がない分、すべての行動は自己判断・自己責任で進んでいくことになります。

集団旅行のように友人や恋人と旅行先での出来事を分かち合うことができないのが、最大のデメリットではありますが、マイペースで好奇心旺盛な学生にはおすすめです。

一人旅だけだと寂しいですし、いつも誰かと旅行に行くと自分の好き勝手行動できるわけではないので本当はやりたいことができないかもしれません。

両者のメリット・デメリットを理解して、目的に合わせた旅行スタイルを選んでいきましょう。

大学生に伝えたい一人旅のメリット・デメリット

面倒な登録作業を一括できる神サービス
Start就活

就活生は平均5~10の就活サイトを利用するけど、同じ情報を何度も入力するのは大変。 Start就活なら就活サイトへの一括登録でき、5~6時間もかかる登録作業を10分前後まで短縮できます。 入力するのは一度だけ。もちろん利用は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA