大学生がアルバイトを辞める理由は何?タイミングが大事だよ!!

大学生がアルバイトを辞める理由

大学生のほとんどは在学中に何度かアルバイトに就職し離職する経験をします。

アルバイトを始めたは良いものの、退職経験がないとどのような理由で辞めていけば良いか迷うのではないかと思います。

今回は、タウンワークの『バイトを辞めるときの理由と言い方は?【大学生のホンネとタテマエ】』を参考、大学生のアルバイトを辞める理由について探っていきます。

この記事を読んで分かること
  • 大学生はアルバイトを辞める理由は何?
  • アルバイトを辞める時は何て言ってる?
  • アルバイトを辞める時のポイントは?

大学生がアルバイトを辞める理由

1位:学業との両立

辞める大学生の割合:39%

アルバイトと学業との両立が難しく辞める大学生がもっとも多いようです。シフトに入りすぎたり深夜勤務で生活習慣が乱れで学業に支障をきたすこともあるでしょう。

また、学期の切り替わり時期に履修単位の状況に応じてアルバイトの継続が難しい場合などもあると思います。学期の切り替わりと長期休暇で生活リズムが変動しやすい大学生にとって一つのアルバイトで学業と両立していくのは案外難しいことかもしれません。

2位:仕事内容がキツイ

辞める大学生の割合:23%

時給が良いからといって始めたアルバイトも、実はその分体力が必要、サービス残業が求められるといったことがあります。キツさと給与が割に合わないと感じることも少なくありません。

特にアルバイトを始めてからしばらくは慣れないことで無駄に体力を消耗したり、覚えることも多いので大変です。時給だけでアルバイトを選ぶのではなくどのような業務内容なのかを想像して選ぶのが良いと思います。

3位:人間関係

辞める大学生の割合:11%

アルバイトをしている人間関係に悩まされることも少なくないですが、これを理由として辞めるのは10人に1人程度なようです。

多くの職場には気に入らない人間の一人や二人はいるものです。とはいえどのような人と仕事をするかは非常に重要な要素です。嫌な人といつも一緒に仕事をしなければならなかったり、人間関係に悩む際には辞めた方が懸命な場合も多いです。

4位:時給が低い

辞める大学生の割合:10%

アルバイトの時給はだいたい900円〜1000円前後であることが多いですが、これではなかなか好きなものを自由に買うことはできないですよね。十分なシフトを入れてもらえないと生活が苦しくなることさえあります。

より良い給与を得るためにアルバイトを辞める際には、事前にどのような仕事をするかしないと就職先が見つからずに給与ゼロ状態が続くこともあります。長期休暇に一気にお金を貯めるにしてもこうしたリスクはなるべく回避しましょう。

5位:仕事内容がつまらない

辞める大学生の割合:7%

アルバイトの仕事は必ずしも楽しいものではありませんが、単純作業のアルバイトはつまらな過ぎることもあります。同じことの繰り返しのバイトは楽かもしれませんが、大したお金も得られないし成長機会を損失していることでもあるので、辞めた方が良いでしょう。

また、自分に合わずにつまらない仕事もストレスが溜まって気分が落ち込みやすくなったりとマイナス面も多いので、辞めることも検討した方が良いと考えられます。

6位:サークル・遊びとの両立

辞める大学生の割合:5%

大学の授業にバイト、その上サークルも充実させようと思ったら授業をサボるかバイトの時間を減らすことが第一に考えられます。

休日にアルバイトを入れていると遊びとの両立が難しいので、もしバイトと遊びを両立していきたいのであれあば休日メインで働くバイトは時給は高くても適していないかもしれません。

7位:立地

辞める大学生の割合:6%

アルバイトの職場まで距離があって往復で1時間以上かかるような現場では、往復時間の給与はでないわけですし面倒なのでアルバイトの継続は難しいですよね。

どんなに好きなアルバイトであっても立地が悪すぎると厳しい面もあります。進級によってキャンパスが変わることで辞めたりもするでしょうし、アルバイトにとって立地は重要な要素です。

その他:18%

その他は18%となっています。

雇用者側に伝える建前上の辞職理由

上記がアルバイトを辞める本当の理由であり、建前上はどのように伝えるのかというと以下のような理由となるそうです。

  • 1位:学業との両立(59%)
  • 2位:仕事内容がキツイ(8%)
  • 3位:サークル・遊びとの両立(5%)
  • 4位:時給が低い(3%)
  • 5位:立地(3%)
  • 6位:人間関係(2%)
  • 7位:仕事内容がつまらない(2%)
  • その他:19%

Column

アルバイトを辞める時に退職届は必要か?

アルバイトの場合、退職届を出す必要がないことが多いですが、口頭の場合は本当に辞める頃になると忘れられている可能性もあります。そうした不測の事態に備えてできれば何かしらの形に残すと良いでしょう。

辞める時のポイント

理由はどうであれ、急な事情がない限りは最低1ヶ月以上前(できれば2ヶ月前)にはアルバイトを辞める旨を責任者に伝えてください。

雇用者側は急に辞められてしまうと(特にコンビニや飲食店などでは)

  • 新しいアルバイト人材の確保・育成
  • シフトの調整

で結構大変です。雇用者側の立場になって考えてみれば、簡単に分かりますよね。世の中にはしょうもない人間ばかりの職場もありますが、同じようにならないためにも、あえて気遣ってあげましょう。

辞める時の理由よりも、いつ辞める旨を伝えるのかの方が重要です。

最適なタイミングは、辞める2ヶ月前の店長(採用責任者)の機嫌が良い時です。できれば直接会って辞める旨を伝えた方が良いでしょう。

あとは「なんで辞めるの?」とか質問されると思いますが、辞める決意をきちんと伝えれば問題ないはずです。

※退職の旨を伝えずに出勤しなくなって蒸発していく人もいます。でも、できれば「一身上の都合でやめます」など断っておくと良いでしょう。(諸事情あると思うので一概には言えませんが…)

まとめ

1週間で辞める人もたくさんいるわけですし、アルバイトを辞めることに対して罪悪感を抱く必要はありません。

退職理由は適当で良いと思いますが、辞める時はなるべく早く伝えておくのが良いでしょう。

大学生がアルバイトを辞める理由

面倒な登録作業を一括できる神サービス
Start就活

就活生は平均5~10の就活サイトを利用するけど、同じ情報を何度も入力するのは大変。 Start就活なら就活サイトへの一括登録でき、5~6時間もかかる登録作業を10分前後まで短縮できます。 入力するのは一度だけ。もちろん利用は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA