就活サイトの一括登録で就職活動をサクッと終わらせる裏技

就職活動 就職活動をサクッと終わらせる裏技
T氏@IT系社会人

この記事を書いた人

自己分析から始まり、業界分析、企業分析、ES/SPI/面接対策・企業選び…と、就職活動には相当な時間と労力に時間がかかりますが、人生を大きく左右する分岐点となります。

そこで「真面目に頑張る」ことも大切だとは思うのですが、「いかに効率良く終わらせるか」も考えた方が良いです。

就職活動は頑張ろうと思えば、いくらでも頑張れてしまいます。今回は一括登録サイトを活用して就職活動をサクッとこなす方法についてまとめておきます。

従来の就活支援サービスの問題点

就職活動

1.マイナビやリクナビには20,000〜30,000社程度しか登録企業がない

日本には300万社の企業があると言われている中、就活サービスで2強となるマイナビやリクナビに登録してある企業数はその100分の1程度(2つ合わせても50分の1)しかありません。

大手企業の多くはだいたい網羅されていると思いますが、掲載費が高いため、規模の小さな中小企業のほとんどはマイナビやリクナビに登録していないのです。

また、小さくても人気の企業は勝手に募集が集まるため、大手求人サイトに新卒採用の募集を掲載する必要がなかったりします。それに、人事側からすると他に費用対効果の高いサービスがたくさんあるので、マイナビやリクナビは大手企業かよほど人手に困っている企業しか使わないわけです。

2.就活サイトの登録は面倒

マイナビやリクナビ以外は、登録企業数が少ないマイナーな就活サービスとなり、より多くの企業を選択肢に入れたいのであれば複数のサイトに登録するしかありません。

就活サイトは50以上存在し、5社以上のサービスを活用する就活生は82%。平均エントリー数は61社となっています。

まず就活サイトを色々と探すのが手間ですし、いちいち同じ情報(名前・大学名・メールアドレス…)を登録するのはイライラしてきますよね。

3.特化型就活サイトはメリットだけじゃない

例えば、広告やマスコミ関係の就活サイトには『マスナビ』がありますが、このような特化型のサイトは良い面ばかりだけではありません。業界が完全に定まっている学生であれば良いですが、そうでない学生が活用すると視野を狭めてしまうことになります。

だからといって、様々な特化型のサイトに登録すれば良いのかというと、登録が面倒かつ管理が難しくなってしまいます。就活に関する情報を整理できないということは、あなたの就職活動を不安で困難なものにしてしまうでしょう。

ではどうすれば良いのか?

就活を効率的に進める上でのポイントは、以下の3つです。

  • 1.無駄な時間を省くこと
  • 2.様々な就活サイトから情報を収集すること
  • 3.【企業探し→エントリー→採用試験→採用審査→合否】をスムーズに行うこと

まず無駄な時間を削りましょう。例えば、何社もの就活サイトに登録することは選択肢を広げる上で良いことですが、いちいち登録作業をしているのは時間の無駄です。そこで便利なのが『一括登録系のサービス』。

就活サイトに一括で登録すれば、就活サイトを探す時間・登録する時間が劇的に削減されます。

また、就活は情報戦です。偏った情報ばかり収集するのではなく、一度は様々な情報源から就活に関する情報を集めましょう。大手志望の学生はベンチャー企業の良い面に、ベンチャー志望の学生も大手の良い面に触れたり、 ITが苦手だったとしても最近のテクノロジー産業はどこまで進んでいるのか等調べると面白いはずです。

たくさんの企業情報に触れることで、就業後に考えられる幅も広がるので大量の企業情報の触れてみることをおすすめします。

当たり前ですが、就活では内定をもらえることも、もらえないこともあります。あなたと採用担当の相性など、運の要素もあるわけで、毎回一喜一憂していては気が持ちません。【企業探し→エントリー→採用試験→採用審査→合否】の流れをなるべく機械的に行うと少しは楽になります。

※考えてみれば、【企業探し→エントリー→採用試験→採用審査→合否】で力を入れるべきは採用試験(特に面接)のみであることが分かります。その他は適当でもなんとかなります。

就活を効率良く回すためには便利なツールを使いこなすことが必須です。では、どのようなサービスを活用すれば良いのか。

Start就活なら一括でOK

Start 就活

就活における無駄な時間を省く上で最もおすすめなのは、『一括登録系のサービスのStart就活』です。こうしたサービスを利用するだけで就活サイトに登録する時間が「超」減ります。

10分の登録作業で有名どころの就活サイトには登録してくれるので、これでまとめて登録を済ませてしまうと非常に楽です。

昔は電話帳のようなカタログに企業情報がずらっと載っていて「興味があったら電話かメールしてください」といった感じだったのを考えると、便利すぎて笑えません。

また、Start就活はSPI対策もできるので、就活サイトに登録する以外の学生もとりあえず登録しておくべきサイトとなります。

売り手市場だからこそ、より良い企業を探す

近年の就活市場は「売り手市場」で、就職氷河期と呼ばれた頃を考えると内定獲得はさほど困難ではありません。

そこでポイントとなるのが、より良い企業をどう見つけるかです。

例えば、非常に魅力的な企業であっても小規模な会社はマイナビやリクナビには登録しておらず、「ある一つの就活サイトしか使っていない」ということもあります。

また、近年は大手企業だけではなくベンチャー人気も高まっていますから、その場合はマイナビやリクナビといった大手就活サイトでは役不足となります。

そこで「他の就活サービスも活用しよう」という話になりますが、登録が面倒で「やっぱ良いや」と断念する就活生もいますが、そのサイトにしか登録していない企業があるわけですからもったいないことをしていると思います。

一括登録系サービスを活用すれば面倒や複数の就活サイトへの登録を一括で行ってくれるので、もう「面倒だから」といった言い訳は成立しません。Start就活はおすすめなので、ぜひ友人にもおすすめしてあげてください。

まとめ

便利な就活サービスはたくさんありますが、今後はその便利な就活サービスを一括してくれるサービスが次々と現れてきます。そうしたサービスを使いこなすことで就活を有利に進めることができるので、新しいサービスの情報には目を光らせておいたほうが良いです。

この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

無料ダウンロード資料
すべての就活生が検討すべき就活サービス完全攻略