就活で恋に落ちる「リクラブ」とは?就活生の出会い必勝術を徹底解説

恋愛就活で恋に落ちる「リクラブ」とは?就活生の出会い必勝術を徹底解説

就職活動での出会いが恋愛に繋がるリクラブ。

「就活をしながら彼氏・彼女ができて、内定ももらえる」という嘘みたいな話ですが、就活生の中では話題となっています。

今回は、リクラブとは何か?を説明した上で、その出会い方や成功させる方法を解説していきます。

※男性目線の記事になります。女性の方は簡単に連絡先を教えないよう気をつけてみてください。

リクラブとは?

リクラブは【リクルート×ラブ】の造語で、就活での出会いから生まれる恋愛模様を表します。人生において、就活ほど出会いに恵まれた時期はないと言っても過言ではないくらい、就活は出会いの宝庫です。

リクラブでは、どのような出会いが待ち受けているのでしょうか?

就活は最高の出会いの場

就活には出会いに必要は条件が余すところなく揃っています。

  • 1.同世代の男女が多数混在している
    →40万人にも及ぶ、互いに恋愛対象年齢の男女が一緒のイベントに参加している。
  • 2.男女との出会いと別れが頻繁に発生する
    →就活では数時間ごとに男女が入れ替わり立ち替わり出会いと別れを繰り返す、婚活イベントのような仕組みになっている。
  • 3.初対面でも話かけやすい
    →就活生同士なら話しかけた時に無視されたりしません。
  • 4.積極的に情報収集を行っている
    →就活は情報が命。話しかけたら相手から良い情報を聞き出そうと積極的に話を聞いてくれます。
  • 5.話題に困ることがない
    →志望業界、志望理由、 ES、面接対策…就活の話題は何時間話しても尽きることはありません。
  • 6.おひとり様で参加している
    →友達同士で参加している人は落とすのが難しいものの、就活生の多くは一人でイベントに参加しているので狙い目です。
  • 7.簡単に共感を得られる
    →上位層の学生を除けば就活の悩みはみな共通です。共感を得られれば、親密度を上げることが容易です。
  • 8.継続的な連絡・出会いが不自然でない
    →連絡先の交換や、同じイベントへの参加などをしても全く不自然ではありません。
  • 9.恋に落ちやすい心理状態になっている
    →孤独やストレスにさらされている人が多く、性的な繋がりを求めやすい心理状態となっています。

【同世代の男女が混在している×出会いの数が豊富×初対面でも話しかけやすい×話し合いに積極的×話題に困らない×邪魔者が存在しない×共感が得やすい×気軽に連絡・再会できる×恋に落ちやすい心理状態】

これ以上の好条件が揃っている出会いの場は存在するのかっていうくらい、就活環境は出会いに最適な環境なのが分かるはず。

つまり、「就活で恋愛を楽しまなければ勿体ない」と言えます。

新しい異性との出会いは毎日のようにあるので、やる気が湧いて飽きずに就活ができます。

リクラブではどんな人と出会えるの?

リクラブの出会いは、【就活生同士の出会い】と【企業人との出会い】の2パターンに分かれます。就活生同士であれば、普段は出会うことのない女子大の生徒など、他大学の異性と出会いやすいです。また、企業人との出会いでは採用担当と親密になることが大半です。

どちらであっても「就職したら違う企業に就職する」ことが大半であるので、「期間限定の恋愛」であるという暗黙の了解が存在します。

結婚を考えるような真剣な出会いには繋がりにくいというデメリットはありますが、好意的に解釈するならば「出会い放題」「浮気し放題」なのがリクラブです。戦略的にリクラブを仕掛ける多くの就活生は、何股もしているのが当たり前。

就活生の年齢は22歳程度、企業の採用担当は20代の若い人も多いです。20代であれば、両者ともに恋愛対象であることがほとんどで、これで性的な思考に繋がらない方がおかしいです。

就活生に関わる採用担当も、人によっては毎年就活生を食い物にして楽しんでいます。

では、より具体的にどのような場所で出会いがあるのかを探っていきます。

リクラブの出会いの場7選

リクラブでは、どこでどのような出会いがあるのでしょうか?

1.インターンシップ

出会いの効率★★
連絡先の交換しやすさ★★★★
恋愛のしやすさ
リクラブ度★★

インターンシップでは、グループが作られて集団行動することが多いです。なので、気になる異性がいたとしても、そこから2人だけ抜け駆けするのは困難になってきます。

ただし、時間のかかる仕事やワークショップを共にするので、仲間意識が生まれやすいです。社員との恋愛に繋がることもありますが、そう多くはありません。

リクラブを求めるのであれば、1Dayインターンシップがおすすめです。インターン後はお腹が空く時間になることも多いので、仲良くなった異性に「お腹空いたね」とご飯に誘いやすい質問を投げかけてみてください。

8割型成功するはずです。

2.企業説明会

出会いの効率★★★★★
連絡先の交換しやすさ★★★★★
恋愛のしやすさ★★★★★
リクラブ度★★★★★

企業説明会では、話を聞いた後に意見交換をしたくなるものです。そこで、隣になった就活生に「どんな業界を志望してるんですか?」と質問してみてください。話題が勝手にどんどん広がってきます。

どうしても仲良くなりたければ、相手の回答に対して「私(俺)も!」と共感して、親密度を高めていきましょう。最終的に「良いイベントとかあったら教えてくれない?」と聞けば、連絡先を簡単に聞き出すことが可能になります。

企業説明会でリクラブに繋げるポイントは、さりげなく気になる異性の隣に座ることです。両隣が同性だと何もできないので、ここだけは常に抑えておいてください。

相手が一人での参加かつ女子大や地方から出てきたような就活生出会った場合、不安で胸がいっぱいとなっています。悩みを聞き出してあげれば、食事にも誘いやすくなりますし、恋愛にも繋がります。

3.就活セミナー

出会いの効率★★★★
連絡先の交換しやすさ★★★★
恋愛のしやすさ★★★★
リクラブ度★★★★

就活セミナーの利点は、アイスブレイクなど、参加者同士でのコミュニケーションが発生しやすい点です。最初にして最大の壁である「話しかけること」をイベント自体が推奨してくれるので、コミュニケーションに不安のある就活生でも仲良くなりやすいです。

また、就活セミナーに参加するような就活生は、就活に対して不安を抱えていることがほとんどです。恋人や友人がいない、一人で参加している就活生であれば、ストレスや寂しさを抱えていると考えても差し支えありません。

つまり、恋に落ちやすい就活生が参加しているので、リクラブに最適です。イベント終了後に、「良かったら勉強会とかしませんか?」とでも誘うだけで自然と恋愛までもつれていきます。

セミナー終了後にととくさ帰ってしまう就活生が多いのが、たまに傷です。

4.就活生イベント

出会いの効率★★★★★
連絡先の交換しやすさ★★★★★
恋愛のしやすさ★★★★★
リクラブ度★★★★★

就活生同士の意見交換会が開かれるイベントがあります。就活イベントは意見交換会と言う名の合コンなので、リクラブしたい方はぜひ参加してみましょう。連絡先の交換は超簡単です。

志望業界が同じ就活生が集まるイベントであれば、実際に就活に役立つ良い情報を得ながらリクラブを楽しめます。それにこうしたイベントに参加するような就活生は容姿が整っていることが多いです。

素敵な異性は取り合いとなりがちですが、主催者の就活生が有利に話を進めていきがち。できればイベントの主催側に回れると、リクラブを思う存分に楽しめるようになります。

5.OB・OG訪問

出会いの効率
連絡先の交換しやすさ★★★★
恋愛のしやすさ★★
リクラブ度★★

OB・OG訪問からリクラブに繋がることもよくあるそうです。悪質なものだと、内定をちらつかせて身体を求めてくるようなので、特に女性は注意が必要です。

異性のOB・OGからプライベートディナーに招待されたら、下心があると見て間違いありません。下心がなければあなたと同性の同僚を同席させるはずです。異性と二人きりで夜を過ごすという行為は性的な意味合いが含まれることを理解しておいてください。

6.SPI・面接

出会いの効率★★★
連絡先の交換しやすさ★★★
恋愛のしやすさ★★★
リクラブ度★★★

SPIやWebテスト等の試験型の選考イベントでは仲良くなることは難しいですが、集団面接等であれば試験中にお互いの自己PRや志望動機等を聞けるので、そうした話題から仲良くなることができます。

恋愛において、相手の情報をどれだけ知っているかは、恋に落とすための大事な要素となります。相手の好みや価値観等に応じて対応を変えていけると良いでしょう。

試験型の出会いの場合、試験前に一言でも良いので話しかけるのがポイントです。「緊張しますね」とだけ言っておけば、試験終了後に「試験どうでしたか?」と話しかけても不自然ではなくなります。

どのイベントでも同じですが、参加する際は時間ギリギリではなく早めに行った方が良いです。イベント開始までの時間に雑談するなど、仲良くなる機会が増えます。

7.内定者懇親会・入社式

出会いの効率
連絡先の交換しやすさ★★★
恋愛のしやすさ★★
リクラブ度★★

内定者同士の懇親会や入社式から「あ、あの時の...」という感じで仲良くなり、恋愛に繋がるケースもあります。

内定者懇親会等から実際に入社して働き出すまでの時間があるので、その間に何回か合って話をしたり、入社後の不安や悩みをお互いに解決していける存在となれたら良いですね。

リクラブを成功させるには?

このように様々な出会いがあるリクラブ。「でも、これだけだとイメージできない」という人もいるかと思います。

リクラブを成功させるテクニックを紹介していきます。

1.清潔感のある外見は必須

前提として、外見の第一印象で生理的に無理だと判断されてしまうと、そこからは何をしようとしても困難です。最低限の清潔な服装、髪型をして姿勢を良くし、相手に良い第一印象を与えられるよう整えましょう。

第一印象を整えることは、就活の結果にも良い影響を及ぼします。

スーツ姿の男性に対して、女性は2~5割り増しの魅力を感じるようです。普段はモテない男性にもチャンスがあります。

2.就活イベントは早めに会場入りせよ

リクラブを成功させたいなら、就活イベントは早めに会場入りしてください。イベント前の暇な時間が最も会話のしやすい状況となります。

遅くともイベント開始10分前、できれば20分前くらいの到着が良いです。早めの段階で会場入りしている人は真面目な人が多く、良い出会いも生まれやすくなります。

3.合同説明会や就活セミナーでは、必ず異性の隣を選択せよ

少し恥ずかしいかもしれませんが、就活イベントでは好みの異性の隣の席を選ぶようにしましょう。

仲良くなれるのは圧倒的に隣同士の就活生であることが多いです。両隣が同性の場合、リクラブに繋がりにくくなってしまうので、それは避けるようにした方が良いと思います。

4.挨拶、自己紹介、ベタな質問だけ良い。話かけよう

まずは挨拶。この反応で相手の心理が大体分かります。こちらの挨拶に対して丁寧な返事をしてくれるようなら、相手はコミュニケーションに対して許容体制にあり、連絡先を聞き出すことは容易である可能性が高いです。

挨拶をしてみて、好感触なら会話をどんどん進めていってOK。ただし、グイグイ話をすると引かれます。挨拶したら一旦無言の時間を作って、それから質問を投げかけていくのが警戒されないコツです。

5.相手の情報を聞き出せ

名前や大学名すら教えない相手に、連絡先の交換なんてしません。ですが、個人情報をいつくか聞き出した上で連絡先の交換を申し出れば、成功率はぐっと高まります。YES効果を活用しましょう。

名前、学部、大学名、志望業界、志望企業、就活の進捗状況…相手のことを知るという行為は、相手の心を開かせることに直結します。まずは表面的なことから、少しずつ就活など細々とした話に移っていきましょう。

もちろんあなたの自己紹介も必要です。学歴については、なるべく気にしない感じで進めて良いと思います。ただ、相手の学歴が格上だとリクラブの成功率は低くなります。

6.相手の不安や悩みを聞き出し、共感せよ

話し始めでいきなり私生活について聞くのは早計です。まずは、現在参加しているイベントについて、就活での志望業界など、ありきたりな話題の方が警戒されません。

就活の話になったら、自己PRやES・面接対策についての話題を振ってみましょう。これらは就活生のほとんどが不安に感じてることなので、「まだあんまりうまくいっていなくて…」といった内容になるはずです。

そこで、共感です。「俺(私)も。結構真剣に悩んでるんですよね。どうすれば良いと思います?」とアドバイスを求めるようにすれば、「(不安なのは、私だけじゃないんだ)」と安心させてあげることができます。

相手の悩みを自分の悩みに変換させてアドバイスを求める行為は、相手が自分の悩みに対して解決策を考える行為と同等のものとなります。

良いアンサーが見つかれば、相手も自分の悩みがすっきりすることになります。ここまでくればあなたの好感度はかなり高まっていることでしょう。

7.就活以外の共通の話題を見つけよ

就活の話題で盛り上がったら、「普段は何をされてるんですか?」と日常についても会話を広げてみてください。

できれば「好きなこと」についてが良いです。例えば、相手が同じアーティストが好きであれば、一気に会話が盛り上がるはず。また、興味の薄い話題でも、「へぇ〜、良い趣味をお持ちですね」と言って話を深掘りするような質問をした方が良いです。

人は自分の趣味について他人に話したいと思うもの。相手が自分の好きなものについての話をし出したら、その好意は自然とあなたにも向けられるようになります。

8.イベント終了後にご飯に誘え

イベントが終了したら帰り道もなるべく一緒になりましょう。日が落ちてきたタイミングであれば、「お腹すきましたね」と同意を得た上で、「良かったらご飯一緒にどうですか?」と提案してみてください。

ただし、この提案は断られる可能性が十分にあります。なぜなら、就活生はお金がないから。あなたに好意があったとしても、就活資金に不安があると1,000円という出費も気にする人が結構います。

奢ることを提案したとしても遠慮されることもあります。この提案は相手がお金を持っていそうかなどを考慮した上で行うことをおすすめします。

集団のワークショップなどがあった際は、グループでご飯いかないか提案するのもありです。集団の空気感は財布の紐を緩ませます。

ご飯に誘えたら、ワンナイトラブの路線も見えてきます。

9.「情報交換」という名目で連絡先を交換せよ

リクラブを成功させる上で最も重要なのが、連絡先の交換です。いかに良い感じでも、連絡先を知らなければ次の出会いに繋がりにくく、つまりは恋愛関係になりにくくなってしまいます。

帰り間際にでも「良い情報とかあったら教えてくれませんか?」や「就活生同士のLINEグループあるんですけど、どうですか?」みたいな感じで、間接的に連絡先を交換するよう仕向けてみてください。

就活生は、「情報」という言葉に弱いので、ほとんどの場合で成功するはずです。

10.その日の夜にメールを送れ

連絡先を交換したら、1通も連絡せずに自然消滅させてしまうのは絶対に避けなければなりません。

そこで、その日の夜22:00以降に連絡することをおすすめします。最も返信の可能性が高く、かつ相手が一人で疲れている時間帯に慰めの言葉を入れてあげてみてください。

例えば、「今日はお疲れ様。お話できて楽しかったです。良いイベントの情報とかあれば、教えてもらえるとありがたいです。今後ともよろしく!」くらいフランクで返信しやすい感じが良いんじゃないかと個人的には思います。

たまに、「もう家に着いた?」みたいに、初対面で帰宅確認のメールを送る人がいますが、それは怖いのでやめましょう。あとは「悩みとかあれば相談してね」みたいに上から目線でいくのも基本NGです。

11.勉強会など、就活生同士の限定イベントを開け

連絡先を交換したら、2回目の出会いをどう演出するかが大事になってきます。

誘いやすいのは、セミナーや勉強会への参加、就活生同士のイベントです。最初からいきなり「2人きりで食事でも…」という展開はやめておきましょう。

勉強会に一緒に参加→駅前で待ち合わせ→帰りも駅まで見送る

この程度で留めておくのが良いかもしれません。親密度によっては、食事やデートに誘っても良いと思います。

12.相手が内定を獲得したら、お祝い会を開くべし

相手が内定獲得の報告をしてきたら大チャンスです。「おめでとう」と言うだけじゃなく、「すごい頑張ってたの知ってるから、俺(私)もすごい嬉しい」みたいに、自分ごととして喜んであげてみてください。

そしたら相手は浮かれて自分から「あなたのお陰で内定もらえたよ。ありがとう。大好き」と告白してくるかもしれません。そこまでいかなくとも、好感度は上がっている状態なはずなので、「打ち上げ開こう!お祝いするよ!」といって食事に誘ってみると成功しやすいです。

食事を奢ってあげれれば、相手は返報性の原理で「あなたに何か返さなきゃ」と思うようになります。また、夜遅い時間にお祝い会を開くことで、その後に自宅に誘いやすい状況を作れます。

どちらかが一人暮らしであれば、一人暮らしの方の家に近い場所で打ち上げを開くことが好ましいです。

就活8割恋愛2割

就活において恋愛を楽しむのは良いですが、恋愛が目的となってしまうと間違った判断を下してしまいやすいです。

就活に集中すべき時間は就活に集中し、当日のスケジュールが終わってから夜にかけてリクラブをするよう切り替えが大切になってきます。

良いリクラブは、お互いの就活意識を高め、ストレスを解消し、退屈な就職活動に彩りを与えてくれます。

恋愛に溺れないようにだけ注意して、リクラブを満喫しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

無料ダウンロード資料
すべての就活生が検討すべき就活サービス完全攻略