これだけは持っておけ!大学生の必需品16選

長期休暇(春/夏/冬休み)に20万円以上稼げるおすすめ短期バイト5選

長期休暇(春/夏/冬休み)に20万円以上稼げるおすすめ短期バイト5選

大学生の長期休みは、時間はあってもお金がない。では、どうすればお金を貯められるの?

今回は、春・夏・冬休みに20万円以上稼げるとっておきの仕事を紹介します。短期の仕事でも効率良く稼ぐことはできるので、ぜひ参考にしてください。

稼ぐか遊ぶかで貯金が全然違う!

長期休みにしっかり働けば20万円くらいは余裕で貯まりますが、旅行に行ったりすれば20万円なんてすぐなくなってしまいます。貯金が+20万円になるか、-20万円になるかで40万円の差が出るので案外大きな違いですよね。

多くの学生は、通常学期中に働いてコツコツ貯めたお金を長期休みの旅行や合宿、遊びに使ってしまいますが、それではお金がなくなる一方です。

そこで、何回かに1回は長期休みをお金稼ぎのために利用してはどうでしょうか?

毎回の休み時期にハードな働き方をしても良いですが、遊ぶか働くかを明確に決めておけば、迷いなく仕事に専念できます。

ここでは、長期休みに20万円以上稼いだ方法を紹介していきます。

長期休みは、絶好の稼ぎ時

大学生であれば長期休みには2ヶ月近い休みができます。また、夏休みや冬休み、春休みになると、一般の家族が外食や旅行、買い物に出かける機会が増えます。

つまり、学生にとって、長期休みは絶好の稼ぎ時でもあるわけです。

家族旅行の多い時期に旅行に出かけたら混んでしまうだけなので、時間のある学生は長期休みに働いて、他の世代と休みの被らない時期に遊ぶのが良いと思います。

では、長期休みに稼ぎたい時にはどんなバイトがおすすめなのでしょうか?

長期休みにザクっと稼げるバイト5選

1.治験

楽して稼ぎたいなら治験
楽して稼ぎたいなら治験しかない!

稼ぎやすさ
(5.0)
忙しさ
(1.0)
おすすめ度
(5.0)
推定月収20~40万円

治験は市販する薬品の臨床試験の被験者となる仕事です。大抵は入院して定期的に採血や身体診断をするだけなのですが、24時間病院に拘束されることになるため、何もしなくても24時間働いていることになります。

食事、採血、身体検査、睡眠…以外の時間は全て自由時間です。パソコンを持ち出して1日中ネトゲをやっていても良いですし、漫画を読む、資格やプログラミングの勉強をする、ネットの副業をするなどに時間を使えます。

(ただし、激しい運動など身体状態に異常が生じる恐れのある行動は制限されます。)

表向きはボランティアとして被験者を募集していますが、給与ではなくボランティア報酬としてきちんとお金は貰えます。また、臨床試験といっても安全性を確かめるための実験であって危険ではありません。

おすすめは入院期間が7泊8日×2の治験です。これだけで30万円前後稼ぐことができます。

参考:【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集

2.リゾートバイト

観光気分で稼ぐならリゾートバイト
観光気分で稼ぐならリゾートバイト

稼ぎやすさ
(5.0)
忙しさ
(5.0)
おすすめ度
(4.5)
推定月収20~30万円

新しい刺激が欲しい、旅行したいけどお金がないという方には、リゾート地で稼げるリゾートバイトがおすすめです。リゾートバイトでは、北海道から沖縄まで全国のリゾート地で仕事をしながら観光を満喫できます。

泊まり込みの仕事となるので、強制的に働く環境に身を置くことになり、効率よく稼ぐことができます。その上、交通費・食費・水道光熱費といった負担は一切ないので、お金が貯まります。

例えば、京都の旅館で中居の仕事をしながら、休日にお寺を観光したり、沖縄のホテルでフロントの仕事をしながら、休日は海で泳いだりすることもできます。温泉やスキー場の仕事であれば、温泉に入り放題、スキーし放題です。

リゾートバイトでは、2ヶ月くらい働くと50万円近く貯金が貯まります。行ってみたい観光地で働けて、現地での出会いがあるのもリゾートバイトの魅力です。

参考:貯金するならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

3.有給型インターンシップ

社会経験が積める有給型インターンシップ
社会経験が積める有給型インターンシップ

稼ぎやすさ
(4.5)
忙しさ
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
推定月収15~30万円

学生が休みの日も社会人は毎日働いています。そこで、会社のインターン生として働くことで社会経験を積みながら稼ぐこともおすすめです。

週5日フルタイムで働けば、就職した後のイメージをつけやすいですし、インターンとして働いた実戦経験は就活、就職後の仕事時の自信になります。

インターン生を募集している会社では、週2~週5勤務で働ける学生を歓迎してくれます。時給も通常のアルバイトと比べると高めです。

大手企業のインターンはバイトのような雑務が多めですが、人手不足なベンチャー企業のインターンならかなり実戦的な仕事をさせてもらえます。

企業によってはインターン生に早期内定を出してくれる企業もあるので、ぜひ活用しましょう。

参考:インターン/インターンシップ募集情報ならキャリアバイト

4.短期集中バイト

無難に稼ぐなら短期集中バイト
無難に稼ぐなら短期集中バイト

稼ぎやすさ
(4.0)
忙しさ
(4.5)
おすすめ度
(4.0)
推定月収15~25万円

長期休みには、塾の合宿に同行するなどの短期間に集中して稼げるバイトがおすすめです。休みにも関わらず1日3~5時間程度の仕事を続けていても非効率なので、1日8時間以上働ける仕事を探してみましょう。

他には、家電量販店の仕事や携帯販売店の営業などは長期休みに稼ぎやすい仕事の一つです。

参考:採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

5.【女性限定】パパ活

パパ活で稼ぐ
デート気分で稼げるパパ活

稼ぎやすさ
(5.0)
忙しさ
(1.5)
おすすめ度
(4.5)
推定月収10~100万円

女子大生なら長期休みにパパ活で稼ぐのも検討してみてはどうでしょうか?

パパ活の始め方は専門のサービスに登録して、男性からのオファーを待つだけです。パパ活の相場は、食事や買い物の付き添いで1回5,000円、1日のデートで1万円~5万円ほど。

あなたの空いているスケジュールに予定を入れることができたりと、副業として自由に稼ぐことができます。バイト以外の収入源の一つとしてパパ活を利用するのも良いですし、本格的にパパ活で稼ぐこともおすすめです。

固定客さえ掴むことができれば、月数十万円~100万円以上稼ぐこともできます。最近では、男性のママ活も注目され始めていますが、パパ活の方が断然現実的です。

参考:ユニバース倶楽部
参考:パパ活するならオンライン交際クラブ「paters(ペイターズ)」

長期休暇に稼ぐ6つの秘訣

長期休みに大きく稼ぐには、いくつかポイントがあります。

あなたの自由に使えるお金の方程式

  • 自由に使えるお金=(労働時間×時給)-経費-生活費
  • 自由に使えるお金=(成果件数×成果報酬)-経費-生活費

自由に使えるお金は労働時間(何時間働いたのか)時給(時給いくらか)経費(電車賃や小道具など)生活費(生活に最低限必要なお金)で計算できます。

成果報酬型の仕事をしている方であれば、成果件数成果報酬額がいくらかも関わってきます。こう考えると自由に使えるお金を増やすには6つの方法があることが分かります。

1.労働時間を増やす

労働時間を倍にすれば、必然的に収入も倍になります。長期休みには、効率良く長い時間働くことで大きく稼ぐことができます。

  • 例)治験で泊まり込み
    入院期間は24時間全て拘束されるので、時給1,000円だとすると1日24,000円稼げる
  • 例)リゾートバイトで週5日フルタイム労働
    時給1,000円とすると、8時間×5日×1,000円となり、1週間で4万円稼げる

2.時給を上げる

時給800円の仕事か、時給1,200円の仕事かで、労働時間が同じなら収入に1.5倍の差が出ます。働いている時間が同じなら、時給は高い方が良いですよね。

長期休みに仕事をするバイトでは、長い時間働く分、時給にも気を払わないと損をすることになります。

  • 例)パパ活なら1回3時間のデートで10,000円
  • 例)インターンなら、時給1,200円で働ける

3.成果を増やす

営業の仕事であれば、成果1件につき●円の報酬が支払われたり、成果●件以上で翌月の時給アップやボーナスが発生することがあります。

成果が給与に繋がる仕事であれば、いかに成果を上げるかが収入に直結します。実務として一生役立つスキルにもなるので、こうした仕事をする際は数字に拘ってみましょう。

  • 例)携帯電話の成約1件につき1万円
  • 例)携帯電話の成約10件で10万円

4.成果報酬を上げる

成果の数は同じでも成果報酬に違いがあれば、その分給与が全然違ってきます。例えば、売り上げの10%が報酬として支払われる仕事であれば、10万円のソフトウェア製品を売るか1億円の不動産物件を成約するかで100倍の収入差が生まれます。

成約のしやすさも考慮すべき点ではありますが、お金を動かすことで収入が得られる仕事では、大きな案件ほど利益が見込めます。

5.生活費を抑える

案外おろそかにしがちですが、自由に使えるお金を増やしたいなら、生活費を削ることも大切です。家賃10万円の物件に住むのか、10万円の物件に2人で住んで家賃を折半するか、5万円の物件に住むかだけでも全然違いますよね。

毎月5万円の生活費を抑えることができれば、毎月の収入が5万円増えるのと同じです。倹約することで自由に使えるお金を増やしていきましょう。

6.経費をなくす

収益を上げるに当たって売り上げを上げるのと同じくらい経費を削ることも大切です。とはいえ、バイトの場合は基本的に会社持ちとなるので、ここでは省略します。

長期休みにおすすめしない働き方

やってしまいがちな、長期休みにおすすめしないバイトもあるので注意してください。

日雇い派遣バイト

日雇い派遣バイトは一見便利に見えますが、毎回の仕事に【仕事検索→申請→承認→時間・場所確認→移動→初めての職場で初めての仕事】を繰り返すことになるので、全体の労力で考えると普通のバイトよりも劇的に非効率です。

稼ぎたいのであれば、ここで紹介したような仕事をおすすめします。やはり、短期でまとめて働いて稼ぐのが長期休みの働き方の鉄板です。

単にバイトのシフトを増やす

長期休みの仕事の仕方として、コンビニやファミレスといった通常のアルバイトのシフトを増やすだけなのもやめた方が良いです。サークル活動等で忙しいのであれば良いですが、そんな学生はほとんどいないはず。

シフトを増やしたところで、週4,5日・毎日5,6時間程度のシフトしか入れないので、それくらい入るならリゾートバイトやインターンでまとめてしまいましょう。収入効率が3倍以上違うはずです。

長期休みは、今の仕事を増やすのではなく、むしろ新しく稼げる短期のバイトを始めた方が稼げます。

まとめ

長期休みのバイト探しが早めが吉

長期休みの仕事は、長期休みに入る前に決めておくのが得策です。長期休みに入る1ヶ月前からリゾートバイトやインターン等の仕事を探すようにしてください。

仕事が決まるまでには、基本的に書類の提出や面接がありますし、仕事に落ちてしまうこともあります。

早めの行動を心がけましょう。

長期休みの3大稼げる仕事は治験・リゾートバイト・インターン

ここで紹介したように、長期休みに稼げる仕事を3つに絞るとしたら、治験・リゾートバイト・インターンです。

ぜひこのことを覚えておいてください。

女性の方はパパ活もおすすめです。パパ活する際は、有名サービスであるユニバース倶楽部patersに登録しておきましょう。