長期休暇に20万円以上稼げるおすすめ短期バイト

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックとは?違いを徹底比較して解説

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックとは?違いを徹底比較して解説

社会人になったら接待で行くことも多いキャバクラ、時にはクラブやラウンジ、スナックにも行くことがあるのではないでしょうか?

でも、キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違いは案外知らないはず。

そこで今回は、キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違いを徹底比較してまとめていきます。

キャバクラ(キャバクラ)

キャバクラ
キャバクラの仕事内容とは?

仕事内容接待
接待者キャバクラ嬢
客単価1万円~
給料時給2,500円~
指名制度都度指名
ママの有無なし
ドレスコードなし
営業時間深夜営業NG
服装ドレス(派手な)
客層団体客も多い(30代~40代)
セクハラたまにある
働きやすさやや働きにくい
上下関係厳しめ
稼ぎやすさ稼ぎやすい

キャバクラ(キャバクラ)とは?

キャバクラ嬢(ドレスを身にまとった女性)が客の隣に座ってお酒と会話を提供する接待型飲食店。客と一緒にお店に向かう同伴出勤や開店後に接客するアフターなど、店外サービスが行われることも多いです。

風俗営業の接待飲食等営業に括られ、法律上深夜0時以降の営業は認められていません。深夜時間外で朝キャバクラや昼キャバクラなど、日中に営業する店舗もあります。

他の仕事との違い

  • キャバクラ嬢が客の隣に座って接待サービスを提供する
  • 接待が主なサービスであるため、深夜営業NG
  • 朝キャバクラや昼キャバクラなど、様々な時間帯で営業している店舗もある
  • 指名制度があり、指名されること、お酒の注文に応じて給与が変動する
  • ドレスや髪を盛るなど、派手に着飾ることが多い
  • 企業の接待の場としても使用されることがよくある
  • 上下関係が厳しく、給与格差も激しい

キャバクラは稼げる女性は月100万円以上と大きく稼げるものの、稼げない女性は時給2,000円程度で働くこともあります。実力社会で給与格差が激しく、上下関係もはっきりしています。

クラブ

クラブ
クラブの仕事内容とは?

仕事内容接待
接待者ホステス
客単価5万円~
給料日給3万円が相場
指名制度永久指名
ママの有無あり
ドレスコードあり
営業時間深夜営業NG
服装ドレス(落ち着いた)
客層少人数・高所得層
セクハラたまにある
働きやすさやや働きにくい
上下関係厳しめ
稼ぎやすさ稼ぎやすい

クラブとは?

クラブとは、女性ホステスが男性客をもてなす飲食店のことです。(ここでのクラブは、ナイトクラブや部活動のことではなく、ホステスが接客してくれる方のクラブを指します。)

銀座のクラブに代表されるように、経営者や会社役員、政治家、芸能人など御用達の高級店も存在したり、一流のクラブは京都の料亭のように一見さんお断りであることも多いです。

他の仕事との違い

  • キャバクラなどと違いママが経営している
  • キャバクラよりも単価が高く、高級クラブではチャージ料だけで5万円かかることも
  • 永久指名制度で一度付いた女性を指名変更することはできない
  • キャバクラなどよりも高所得層の男性が多い
  • 上下関係やビジネスマナーなどどこよりも厳しい

クラブはママと呼ばれる女性が店の最高責任者を勤め、ホステスをマネジメントしています。何よりも特徴的なのは、永久指名制度があることで側付きの女性を変更できない点です。

格式高く男性側にもドレスコードが求められることもあったり、高所得層との会話をするために経済やビジネスについて学ぶ必要が出てきます。

ラウンジ

ラウンジ
ラウンジの仕事内容とは?

職種ラウンジ
仕事内容接待
接待者ホステス
客単価2万円~
給料時給4,000円~
指名制度店舗による
営業時間深夜営業NG
服装ドレス
客層一般男性(20~40代)
セクハラ基本なし
上下関係やや厳しめ
稼ぎやすさやや稼ぎやすい

ラウンジとは?

ラウンジは、女性ホステスが男性客をもてなす飲食店のことです。サービス内容はクラブと似ていますが、ラウンジは比較的敷居が低く、広々とした店内に大きめのソファーやボックス席があります。

接待で使われる機会も多く、クラブとスナックの中間の位置付けとなっています。

他の仕事との違い

  • ラウンジはキャバクラとクラブの中間的な存在
  • 都度指名の店舗もあれば、永久指名の店舗も存在する
  • クラブよりも比較的若い客が多い

ラウンジはその名の通り広々とした空間でコミュニケーションを取る社交場のような存在です。キャバクラのように煌びやかな店構えの店舗よりも落ち着いた雰囲気のお店が多く、永久指名の店舗もあれば都度指名の店舗もあります。

スナック(スナックバー)

スナック(スナックバー)
スナックの仕事内容とは?

仕事内容お酒の提供
接待者ママ
客単価5千円~
給料時給1,000円~
指名制度なし
ママの有無あり
ドレスコードなし
営業時間深夜営業OK
服装店舗次第
客層一般男性(40代~60代)
セクハラ基本なし
働きやすさやや働きやすい
上下関係やや有り
稼ぎやすさ普通

スナック(スナックバー)とは?

スナックとは、地域密着型のカウンター付きの飲食店のことです。正式にはスナックバーと言います。カウンター越しにお客に軽食(スナック)を提供するバーであることからスナック(スナックバー)と呼ばれるようになしました。

【スナック=ママ】というイメージがあるように、全国各地に個人が経営するスナックが存在しています。

他の仕事との違い

  • 提供するサービスが接待ではなくカウンター越しにお酒や軽食を提供すること
  • 飲食店のため、深夜営業OK
  • 指名制度はない
  • 癖の強いママが自由気ままに経営している
  • 高所得層向けというよりも地域密着型で一般男性の利用者が多い

スナックは個人店が自由にやっているお店であることも多く、ママさんによってお店の雰囲気は全然違います。

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違いを徹底比較

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違い

職種キャバクラクラブラウンジスナック
仕事内容接待接待接待お酒の提供
接待者キャバクラ嬢ホステスホステスママ
客単価1万円~5万円~2万円~5千円~
給料時給2,500円~日給3万円が相場時給4,000円~時給1,500円~
指名制度都度指名永久指名店舗によるなし
ママの有無なしあり店舗によるあり
ドレスコードなしあり店舗によるなし
営業時間深夜営業NG深夜営業NG深夜営業NG深夜営業OK
服装ドレス(派手な)ドレス(落ち着いた)ドレス(落ち着いた)店舗次第
客層団体客も多い(30代~40代)少人数・高所得層一般男性(20~40代)一般男性(40代~60代)
セクハラたまにあるたまにあるたまにある基本なし
働きやすさやや働きにくいやや働きにくいやや働きにくいやや働きやすい
上下関係厳しめ厳しめやや厳しめやや有り
稼ぎやすさ稼ぎやすい稼ぎやすいやや稼ぎやすいやや稼ぎやすい

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違いを表にまとめました。

詳しく見てみると、所々に違いがあるのが分かると思います。スナックは他の仕事と業態としては似ていても中身が全然違いますね。

若干分かりにくい部分もあるので、少し深掘りしてそれぞれの違いを見ていきます。

キャバクラとクラブの違い

似てるようで結構違う!

職種キャバクラクラブ
仕事内容接待接待
接待者キャバクラ嬢ホステス
客単価1万円~5万円~
給料時給2,500円~日給3万円が相場
指名制度都度指名永久指名
ママの有無なしあり
ドレスコードなしあり
営業時間深夜営業NG深夜営業NG
服装ドレス(派手)ドレス(落ち着いた)
客層団体客も多い少人数・高所得層
セクハラたまにあり基本なし
上下関係厳しめ厳しめ
稼ぎやすさ稼ぎやすい稼ぎやすい

キャバクラとクラブの大きな違いは、指名制度ママの存在です。キャバクラが来店時ごとに女性を指名するのに対し、クラブでは永久指名といってずっと同じ人に接待をお願いしなければなりません。

また、キャバクラの運営者は闇に包まれているのに対し、クラブはママ(最高責任者)が全ての仕事を管理しています。クラブの方が拘りが強いため、一見さんお断りやドレスコードによって客を選んでいたりします。

クラブとラウンジの違い

店舗によっては見分けがつかないことも

職種クラブラウンジ
仕事内容接待接待
接待者ホステスホステス
客単価5万円~2万円~
給料日給3万円が相場時給4,000円~
指名制度店舗次第永久指名
営業時間深夜営業NG深夜営業NG
服装ドレスドレス
客層高所得男性(40~50代)一般男性(20~40代)
セクハラ基本なし基本なし
上下関係厳しめやや厳しめ
稼ぎやすさ稼ぎやすいやや稼ぎやすい

クラブとラウンジは似ているのですが、クラブの方が敷居が高く、ラウンジはカジュアルで落ち着いた雰囲気のキャバクラに近い感じです。

クラブとスナックの違い

客層もサービス内容も全然違います

職種クラブスナック
仕事内容接待お酒の提供
接待者ホステスママ
営業時間深夜営業NG深夜営業OK
服装ドレス店舗次第
客層高所得男性(40~50代)一般男性(40~60代)
セクハラ基本なし基本なし
上下関係厳しめやや厳しめ
稼ぎやすさ稼ぎやすい店舗次第

クラブとスナックの大きな違いは、サービスが接待であるのかお酒の提供であるかです。クラブではお客様の隣にホステスが座って接待しますが、スナックではカウンター越しにお酒や軽食を提供します。

こうした違いがあるため、クラブは深夜営業NG(深夜に接待サービスを行なってはいけない)であるのに対し、スナックは深夜営業していたりします。

また、客層は全然違います。一部高級スナックもあるものの、基本的にはクラブは高所得の男性向け、スナックは地元の一般男性向けになります。

クラブでは、男性側にドレスコードが求められることも多いです。

ただし、スナックは個人店が自由にやっているお店であることも多く、ママさんによってお店の雰囲気は全然違います。

まとめ

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違いをそれぞれまとめるとこのような感じになります。

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・スナックの違い

  • キャバクラ:キャバクラ嬢(派手に着飾った若い女性)が隣で接待してくれる接待がメインの飲み屋
  • クラブ:ホステス(大人の雰囲気のある若い女性)が隣で接待してくれる接待がメインの飲み屋
  • ラウンジ:キャバクラとクラブの間的存在
  • スナック:ママがカウンター越しにお酒を提供するバー

年齢的に考えると、キャバクラが若い女性が多く、次いでラウンジ、クラブ、スナックという順になるような気がします。

若い女性が目当てならキャバクラ、落ち着いた若めの女性が良いならラウンジ、落ち着いた大人な女性が好みならクラブ、経験豊富な女性がママと話がしたいならスナックに通ってみてはどうでしょうか。

こうしたコミュニケーションも大人の嗜みの一つです。