これだけは持っておけ!大学生の必需品16選

【関係者の話】ガールズバーとキャバクラの違いって何?分かりやすく解説

【関係者の話】ガールズバーとキャバクラの違いって何?分かりやすく解説

ガールズバーとキャバクラの違いを知っていますか?

女性の夜の仕事と言えば、ガールズバーキャバクラが有名です。でも、ガールズバーとキャバクラは似ているようで全然違います。

仕事内容も給与も客層も…

ここでは、夜の仕事の関係者に聞いてみたガールズバーとキャバクラの違いをまとめました。

ガールズバーとは?

ガールズバー

女性がバーテンダーを勤めるバー(酒飲み屋)のことです。カウンター越しに客とコミュニケーションを取りながら接客、カクテルなどのお酒を作り、提供します。

深夜酒類提供飲食店として、深夜営業しているガールズバーが多いです。深夜酒類提供飲食店はお酒を提供するお店として運営されているため、法律上は接待が禁止となっています。

キャバクラとは?

キャバクラ
キャバ嬢(ドレスを身にまとった女性)が客の隣に座ってお酒と会話を提供する接待型飲食店。客と一緒にお店に向かう同伴出勤や開店後に接客するアフターなど、店外サービスが行われることも多いです。

風俗営業の接待飲食等営業に括られ、法律上深夜0時以降の営業は認められていません。深夜時間外で朝キャバや昼キャバなど、日中に営業する店舗もあります。

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーとキャバクラは似ているようで全然違います。

仕事内容の違い

ガールズバー

バーテンダーとしてカウンター越しに客にお酒を提供するのが仕事です。

キャバクラ

キャバ嬢として客の隣に座って接待を行うのが仕事です。

ガールズバーがお酒の提供がメインであるのに対して、キャバクラは接待がメインの仕事になります。ここがガールズバーとキャバクラの最大の違いです。

営業時間の違い

ガールズバー

深夜酒類提供飲食店のため、深夜営業OK

キャバクラ

風俗営業の接待飲食等営業のため、深夜営業NG

法律上、ガールズバーは深夜営業でき、キャバクラはできません。深夜営業できるかできないかで売上が全然違うため、ガールズバーでありながら接待をするグレーな店舗も存在しています。

服装の違い

ガールズバー

制服のところが多い

キャバクラ

きらびやかなドレスを着ることが多い

ガールズバーは店ごとにコンセプトがあり、みな一緒の制服を用意する店舗が多いものの、キャバクラは個人の外見や体型に合ったドレスの着用が必須であることが多いです。

キャバクラのドレスは、店舗が用意するドレスを借りる、レンタルして借りる、自前のドレスを購入することで調達します。

客層の違い

ガールズバー

個人または少人数のプライベートで使用する客が多い

キャバクラ

多人数、接待で使われることも多い

ガールズバーはカウンターバーであるため、個人や少人数の客が多いです。逆、キャバクラは広いソファがあり、接待で団体客が利用することもよくあります。

セクハラの違い

ガールズバー

身体接触がない

キャバクラ

身体接触がある

ガールズバーはカウンター越しの接客となるため、いわゆるお触りのような身体接触はほとんどありません

キャバクラでは客の隣に座って接待するため、身体接触がよくありますし、売上のためにボディタッチを誘発するキャバ嬢もいます。

上下関係の違い

ガールズバー

比較的上下関係がない

キャバクラ

上下関係がはっきりしている

ガールズバーはバーテンダーとしてお酒を提供するのが仕事です。指名がない、賃金の差が小さいこともあり、上下関係等も少ないです。

キャバクラは指名や売上を上げなければ生き残れないし稼げない仕事なので、ドラマほどではないですが、上下関係がはっきりしていることが多いです。

どっちの方が稼げるの?

稼ぎやすさの違い

ガールズバー

そこまで稼ぎやすくはない

キャバクラ

人気を上げれば大きく稼げる

稼ぎやすさで選ぶなら、キャバクラ

稼ぎやすさでは、キャバクラに軍配が上がります。ただし、ノルマや上下関係、ヘルプなどの立ち振る舞い、お酒の注ぎ方や会話の仕方、ビジネスマナーなどに厳しい店舗が多いです。

キャバクラでは、時給4,000円~と記載のある求人もありますが、ノルマを達成できなければ時給は下がっていきます。成果を出せれば時給換算で10,000円以上稼ぐキャバ嬢もいますが、成果を出せずに時給2,000円程度で働くキャバ嬢もいます。

稼ぐためには同伴やアフターも積極的に行う必要があったりと、時間外労働有りの完全実力社会なので、気弱な女性には不向きであると言えます。

また、キャバクラは派遣で働く女性が増えてきています。複数の店舗で働けるので収入が安定しやすいのと、メインで働く店舗を品定めできる点が魅力なようです。

これからキャバクラで働きたいと思っている、キャバクラで働いた経験があり、もう一度働いてみようと思っている方は派遣型でキャバクラの仕事を紹介してくれる【TRY18】を利用すると良いと思います。

楽しく働きたいなら、ガールズバー

稼ぎやすさはキャバクラに軍配が上がるものの、働きやすさはガールズバーに軍配が上がります。

ノルマがあることも少なく、カウンター越しの接客となるのでセクハラや複雑な仕事がなく安心して働けます。時給1,500円〜2,000円程度が相場であるものの、お酒をたくさん注文してもらえれば時給は上がっていきます。

指名等がなく時給はみな同程度であるため、上下関係もあまりありません。客も接待を求めているわけではないので、ビジネスマナー等が求められることが少ないです。

また、ガールズバーで人気の女性とキャバクラで人気のない女性であれば、ガールズバーの方が稼げます。平均的にはキャバクラの方が時給が高いです。

まとめ

ガールズバー

女性がバーテンダーを勤めるバー(酒飲み屋)のことです。カウンター越しの接客となるのが特徴です。

キャバクラ

キャバ嬢(ドレスを身にまとった女性)が客の隣に座ってお酒と会話を提供する接待型飲食店。お酒の提供ではなく、接待がメインの仕事であることが特徴です。

ガールズバーとキャバクラの違いは分かりましたか?

ガールズバーに向いている女性

  • 普通のバイトよりも時給の良い仕事で働きたい
  • 稼ぎやすさよりも働きやすさが大事
  • 上下関係のある職場は嫌だ

こんな方はガールズバーに向いています。【体験ガールズバイト】等でガールズバーの仕事を探しましょう。

参考:高時給情報満載!キャバクラ・ガールズバー求人情報

キャバクラに向いている女性

  • 働きやすさよりも稼ぎやすさが大事
  • 性格的に負けず嫌い
  • ブランド品などの高級ブランドが好き

こんな方はキャバクラに向いています。キャバクラの仕事を探すなら、【TRY18】がおすすめです。

参考:全額日払い・完全自由出勤・厚労省認可のキャバクラ紹介なら【TRY18】

また、最近では女性の副業としてパパ活が流行っています。ガールズバーやキャバクラで働くなら、合わせてパパ活もすることでたくさんお金を稼ぎやすくなります。