大学生が知りたい”恋人”ができる出会いの場ランキングTOP24

大学生の出会いの場ランキング

大学生にとっての一番の関心事といえば、やはり恋愛についてではないでしょうか。その中でも、恋人ができるかどうかは死活問題と言えるほど重要性が高いもの。

でも、なかなか異性と出会う場がない…?

今回は、そんなあなたにおすすめする大学生の出会いの場をランキング形式で発表します。

評価項目について
  • 出会い度:魅力的な異性にである確率の高さ
  • コスト:出会いにかかる金銭的コスト
  • 難易度:行動の起こしやすさ

大学生の出会いの場ランキングTOP24

24位ナンパ

ナンパ
出会い度☆☆☆
コスト☆☆
難易度☆☆☆☆☆

街角ナンパでも有名なナンパスポットにはナンパを求める異性が来るので成功することもよくあるそうです。とにかく気になった異性に声をかけてみましょう。

  • メリット:メンタルが強くなる
  • デメリット:顔とテクニックが大事

女性の場合は思い切ってメールアドレスを書いた紙を異性に渡してみると、50%以上の確率で連絡が来るようです。気になった異性がいたらメアド(LINE ID)を渡してみると良いかもしれません。

23位喫煙室

喫煙室
出会い度☆☆
コスト
難易度☆☆☆☆

気になる異性から喫煙者であることで避けられてしまうことがありますが、喫煙室から仲良くなった人であれば同じ喫煙者なのでそういったリスクがありません。

  • メリット:喫煙者であることを気にする必要がない
  • デメリット:たばこを吸う機会が増える

喫煙室での出会いを求めてたばこをたくさん吸ってしまうと健康に大きな害も出てくる恐れがあるので、あまり意識し過ぎない方が良いでしょう。

22位友達の紹介

友達の紹介
出会い度
コスト
難易度

第三者からの紹介からも恋愛に繋がることがあるようです。交友関係の広い友人を持っておくと良いことがあるかもしれません。

  • メリット:信頼しやすい
  • デメリット:機会がたくさんあるわけではない

この場合は友人に自分の評価を持ち上げておいてもらえば第三者効果で恋が成就する確率が高まります。

21位クラブ

クラブ
出会い度☆☆☆☆
コスト☆☆☆
難易度☆☆☆☆

クラブではノリの良い男女が音楽に合わせてその空間を楽しんでいます。異性に話しかけてもそんなに違和感ないので「どこから来たの?」といった会話からでも恋愛にも繋がりやすいです。

  • メリット:ノリでいける
  • デメリット:騒がしい

クラブは夜遅い時間帯が活発であり、夜は性欲が高まりやすい時間帯です。男性としてはセクシーな女性も多いので、視覚的にも楽しめます。

20位スポーツ観戦

スポーツ観戦
出会い度☆☆☆
コスト☆☆☆
難易度☆☆

パブリックビューイングではグラスを片手にスポーツ観戦を楽しみますが、スポーツは常に面白いわけではありません。サッカーであれば試合の落ち着いている時間帯やハーフタイムなど話しかけやすいタイミングがあります。

  • メリット:スポーツ観戦がいつもより楽しくなる
  • デメリット:結構人が混むので、人混みが苦手な人は難しい

どうせスポーツ観戦をするならパブリックビューイングに行くはどうでしょうか。試合が盛り上がれば会話も盛り上がるので楽しいです。立ち見のスポーツバーがおすすめです。

19位シェアハウス

シェアハウス
出会い度☆☆☆
コスト☆☆☆
難易度☆☆☆

最近ではシェアハウスが流行っていますが、そこから恋愛に繋がることも多いそうです。学生向けのシェアハウスもあり、寂しい一人暮らしも楽しいものになります。

  • メリット:毎日会う
  • デメリット:同じ場所で暮らしてるので、別れた後が大変

シェアハウスでは毎日顔を合わせて生活することになり、同棲に近い恋愛になります。いちいち恋人の家まで出かける必要がなくて楽ですが、人によっては重たいと感じる人もいるかもしれません。

18位留学

留学
出会い度☆☆
コスト☆☆☆☆☆
難易度☆☆☆☆

同じ留学先になった日本人学生はもちろん、現地の学生とも恋愛に繋げられます。留学では様々な困難がありますが、相手も同じような経験をしているので分かりあうことができます。

  • メリット:経験を分かち合える
  • デメリット:すぐに離れ離れになってしまう

留学から帰省する頃には地元が近くないと遠距離恋愛になってしまいます。

17位SNS

SNS
出会い度☆☆
コスト
難易度☆☆☆☆

SNSから恋愛に発展するケースもあるようです。趣味の合う異性とのやり取りから一緒にイベントに参加する約束を取り入れて会うのはドキドキします。

  • メリット:コストがかからない
  • デメリット:相手の顔など分からない状態で会うことも少なくない

SNSを恋愛に活用するには日常的に異性に京味を持ってもらいやすそうなつぶやきをし、自分に興味のありそうなフォロワーとDMのやり取りまでできるようになることがポイントです。

16位国際交流イベント

国際交流
出会い度☆☆☆
コスト☆☆
難易度☆☆☆☆

海外の人と恋愛がしたければ国際交流のイベントに参加するのがおすすめです。男性はコミュニケーション能力が求められますが、日本人女性は海外でも人気なので恋愛まで発展しやすいです。

  • メリット:語学の勉強にもなる
  • デメリット:度胸が必要

海外の異性との恋愛はカルチャーショックの連続です。あまり気にしすぎず楽しみましょう。

15位インターンシップ

インターンシップ
出会い度☆☆
コスト☆☆
難易度☆☆☆

インターンシップでは学生同士だけでなく企業で働く社会人との出会うことができます。どういった企業のインターンに就くかによりますが、交流の盛んなインターンもあり、恋と仕事を楽しむことができます。

  • メリット:社会人と出会える
  • デメリット:インターンは仕事が大変

多くのインターン生を抱える企業は少ないので、学生同士は巡り合わせが良くないと機会がないし、恋愛をしてる場合でないことが多いです。

14位同窓会

同窓会
出会い度☆☆
コスト☆☆
難易度

大学生になると小学校や中学校の同窓会も開かれることもあると思います。同窓会では過去に仲の良かった異性と恋愛に繋がることも良くあります。

  • メリット:もともと知り合いだから会話が弾む
  • デメリット:過去の学生時代に陰キャラだったら難しい

当時は子どもの付き合いだったけれど、同窓会で再会して大人な付き合いをしてみるのはドキドキします。

13位習い事

習い事
出会い度☆☆
コスト☆☆☆☆
難易度☆☆

語学や資格、カメラなどの習い事には独り身の男女が入り乱れます。楽しい趣味に没頭しつつ恋愛もできて一石二鳥の出会いの場です。

  • メリット:趣味の合う人が見つかる
  • デメリット:気になるような異性がいない場合が多い

習い事は少人数で行うものが多く、男女比が偏りがちです。異性の多い習い事に通うのは若干ハードルが高いかもしれません。

12位出会い系アプリ

出会い系アプリ
出会い度☆☆☆☆☆
コスト☆☆
難易度☆☆☆☆

pairsやタップル、tinderといった出会い系アプリから恋愛に繋げるのも経験してみてはどうでしょうか。

  • メリット:とにかく出会いやすい
  • デメリット:顔や学歴、収入が見られる・詐欺での利用も多い

出会い系アプリは顔が良いとコンタクトも多いですが、ちょっと残念な感じだと連絡が全然きません。顔で勝負できない場合は戦略が必要です。

11位オフ会

オフ会
出会い度☆☆☆☆
コスト☆☆
難易度☆☆

アニメや映画などの趣味から恋愛に繋げるにはオフ会への参加が一番です。同じ趣味を持った異性との出会いが待っています。年齢層も様々で興味深い話を色々と聞けます。

  • メリット:同じ趣味の異性が見つかる
  • デメリット:特徴的な性格の人が多い

オフ会はネットで調べれてみると結構開かれています。気になった方は一度参加してみると良いと思います。

10位イベント・交流会(出会い系イベントを除く)

イベント
出会い度☆☆☆☆
コスト☆☆
難易度☆☆

お互いに話しかけやすい環境のイベントや交流会は出会いの場ともなりますが、がっつく感じの場ではないので恋愛に発展させるまでに少し時間がかかります。まずは友人関係を築くことを目標にするのが良いでしょう。

  • メリット:すぐには恋愛に発展しない
  • デメリット:外見の良い人は人気で倍率が高い

イベントや交流会での出会いは、二度目の出会いを作れるかがポイントです。自分のイベントに招待したりするここで次に繋げましょう。

9位合コン/街コン

街コン
出会い度☆☆☆☆☆
コスト☆☆☆
難易度☆☆☆

合コンや街コンといった出会いのためのイベントは、そもそも出会うことが目的であり、どうしても出会いが欲しい学生にはうってつけです。

  • メリット:お互いに出会うことが目的なので恋に発展しやすい
  • デメリット:長続きしにくい

多くの異性と出会うことには向いていますが、じわじわ恋を深めていくタイプの恋愛には発展しにくいです。出会ったその日にホテルに直行したいなら、こういったイベントがおすすめです。

8位相席居酒屋

相席居酒屋
出会い度☆☆☆☆
コスト☆☆☆
難易度☆☆

相席居酒屋は見知らぬ男女がテーブルを共にして食事を楽しめる居酒屋です。その気軽さに加えて出会えることが話題となっており、若い男女に人気です。即興合コンみたいなものです。

  • メリット:気軽に出会える
  • デメリット:お酒が飲めないと難しい

友人との飲みを相席居酒屋で行うだけで出会いが発生します。

7位ボランティア活動

ボランティア活動
出会い度☆☆☆
コスト☆☆
難易度

大学生のボランティア活動は意外と出会いの場として活用されているようです。一緒にゴミ拾いをしたりする中でたわいない会話から恋に繋がるなんてことも…

  • メリット:性格の良い子と出会うことができる
  • デメリット:ボランティアに興味のない人にとっては苦痛

ボランティアに参加するような学生は人格者である可能性が高く、良い恋愛ができるかもしれません。

6位講義・ゼミ

授業
出会い度☆☆☆
コスト
難易度

一緒に勉強をしていく中で恋愛に発展することも良くあります。講義やゼミで一緒になるような学生は学内で顔を合わせる機会が多く、気になっているもの同士はなんとなく分かります。
大学生も同性同士で固まりがちですが、気になる異性と講義やゼミで一緒になったら教授や授業内容についての話題を振ってみてください。特にテスト前などは距離を縮める絶好の機会です。

5位就職活動

就職活動
出会い度☆☆☆☆
コスト
難易度☆☆

就職活動はみな同じ課題を抱えており、就活のあるあるネタで簡単に打ち解けることができます。男子は普段会わないような女子大の学生(狙い目)などもいるので、見方を変えれば楽しい出会いの場となります。

  • メリット:打ち解けやすい
  • デメリット:恋愛どころではない

就活恋愛はスピードが大事です。気になる異性がいたら「良いワークショップとかあったら教えて。情報交換しよう。」などと言って連絡先を交換し、その後の発展につなげましょう。

4位アルバイト

アルバイト
出会い度☆☆☆☆
コスト
難易度

アルバイトは居酒屋やカフェなどの接客業が出会いの場として有名です。仕事中に自然と会話が生まれ仲良くなれますし、たまに「みんなで飲みに行こう」という話になって自然とプライベートな話ができてきます。

  • メリット:仲良くなりやすい
  • デメリット:気になる異性とシフトが合わないと難しい

バイトはある程度の期間を通じて働くことが多く、もし目当ての異性がいなければそのまま何もなく進みがちです。

3位学恋パーティー おすすめ!

学恋パーティー
出会い度☆☆☆☆☆
コスト☆☆
難易度

大学生に限定して出会いが欲しいなら、大学生、大学院生、専門学生のみを対象とした街コンなどの恋活イベントを開催している学恋パーティーがおすすめです。

  • メリット:大学生同士で出会えるから気が楽
  • デメリット:地方学生にとっては参加が少し難しい

社会人の参加する街コンや恋活では悪質なユーザーもいますが、学生限定なので安心して利用できるのが嬉しいですね。価格もお手頃でチャラい人はほとんどおらず、学生同士の間で話題となっています。

参考:学恋パーティー公式サイト

2位インカレ/学生団体

インカレ・学生団体
出会い度☆☆☆☆☆
コスト☆☆
難易度

学外の共通の価値観を持った異性と出会いたいなら、学生団体に参加するのがおすすめです。活発で優秀な学生が多く、一緒に頑張っていける関係を築きやすいです。

  • メリット:他大学の学生と出会いやすい
  • デメリット:活動場所が遠いと定期的に参加するのが面倒

学生団体は様々な大学から人が集まるので、別れた後の学生生活に支障が出にくいです。また、人脈も広がったりするので便利です。

1位サークル

サークル
出会い度☆☆☆☆☆
コスト
難易度

大学生にとってサークルは最も都合の良い出会いの場です。というのも、大学のサークルは同程度の学力を持った同じ趣味趣向の恋愛に飢えた学生が集まる場だからです。
また、他大学との交友の深いサークルであれば、他大生との出会いもあります。

  • メリット:出会いやすい
  • デメリット:振られたり付き合って別れた後がきまずい

あなたの知人が恋人の知人という関係になるので、情報が回りやすいです。最近では告白の内容がSNSでシェアされるなんてこともあるようなので、後腐れのない方法を選ぶようにしましょう。

出会いにおすすめの時期

  • 新年度が始まった4月5月
  • 夏休み(7月~9月)
  • クリスマス直前(12月)
  • 冬休み(12月終わり~1月初め)
  • 就活時期(大学3年次)

夏休みやハロウィンやクリスマス直前はカップルがたくさん誕生します。この時期に彼氏・彼女がいない学生はみな「イベントを一緒に楽しめる相手」を探しており、告白にも絶好のチャンスです。

出会いのポイント

期待しすぎず色々と挑戦してみること

例えば、バイトでの恋愛に的を絞ってしまうと、バイト先に魅力的な人がいないと絶望的な状況に陥ることになります。少ない出会いしかないのに素敵な異性と出会える確率は低いことを頭に入れて期待しすぎず色々と挑戦してみましょう。

とにかく話しかけること

ここが一番の難所だと思います。時には「キモっ」と思われるかもしれないですし、話しかける度胸と嫌われた時のメンタルが試されます。

できれば話しかけることが自然な環境に足を運ぶことが理想です。相手も話しかけられる準備ができていれば、この難所で躓く可能性が減ります。

例えば、同じサークルに入って良く一緒の空間にいるのに全く話さないわけないですよね。むしろ話さない方が不自然です。異性に自分から話しかけるのが苦手な人はこういった環境を探して始めてみると良いかもしれません。

まずは友人関係を築くこと

いきなりガッツいてしまうと確実に引かれます。コミュニケーションに不安を感じる人もいるかもしれませんが、自分と相手の共通点を見つけることさえできれば簡単です。まずは仲良くなることから始めましょう。

連絡先を交換すること

連絡先を交換できるかどうかはその後の発展に大きく左右します。普段は会えないような異性であれば、仲良くなった段階で必ず連絡先を交換しておきましょう。LINE IDの交換が難しそうなら、「Facebookとかやってる?」といった感じでSNSをフォローさせてもらうところか始めましょう。

やってはいけないこと

  • 相手を偏見の目で見ること
  • 会話から逃げること
  • 自分のことばかり話すこと

先入観にとらわれずに相手と会話をしましょう。

まとめ

異性との出会いがなくて悩んでいる人も多いようですが、出会いの場は案外転がっているものです。学内に囚われず、自由な恋愛をしよう。

学生同士の出会いが欲しいなら学恋パーティーがおすすめ

サークルやバイト先に良い人がいない。女子大に通っているなどで、気になる同世代の相手がいないなら学恋パーティーが最適。学生同士なので安心して気軽に参加できます。

【話題沸騰】学生限定の出会いの場!学恋パーティーのメリット6選

2017.09.21

参考:学恋パーティー公式サイト

出会いがない大学生はこちら

【保存版】大学生でも安心!大人気のおすすめ出会い系アプリTOP8

2017.08.05

出会いがないなら、出会い系サイトを使えば良くない?

おすすめ:心理学×統計学
恋愛婚活「with」
女性用心理テスト男性用心理テスト

大学生の出会いの場ランキング

ABOUTこの記事をかいた人

Campus Hub

Campus Hubの編集チーム。大学生活を豊かにする特別な情報を発信中。大学に通うよりも価値のあるメディアを目指します。フォローしておくと良いことあるよ。#BUMP世代│※SNSをフォローしておくと、最新情報がすぐ手に入る!