知れば楽しさ10倍!ダーツの遊び方・変則ルールまとめ

学生生活 ダーツの遊び方・変則ルールまとめ
まるま

この記事を書いた人

皆さんは、暇なときや友人と遊びに行くときに、ダーツをすることはありますか?

今回は、ダーツの基本的な遊び方と、誰でも気軽に楽しめる変則ルールを紹介します。

ダーツは1人でも複数人でも、玄人も初心者でも楽しめる競技なので、ぜひどんな遊び方があるか知っておきましょう。

ダーツってどこでするの?

ダーツができる場所はダーツバーだけではありません。

  • ダーツ場(投げ場)
  • ダーツバー
  • ネットカフェ
  • ゲームセンター
  • ラウンドワン

このような場所に、ダーツが設置されています。ダーツがある場所には、「ハウスダーツ」と呼ばれるゲスト用のダーツが常備されているため、ダーツ道具を持っていなくても気軽にプレイできます。

ダーツの基本ルール・遊び方

基本的にダーツは、1ラウンドで3回投げることができます。ダーツを投げた後、床に落ちたときや、ボードの外に飛び、刺さらなかったとしても1投としてカウントされます。投げる場所は、スローライン(ダーツボードから244㎝離れたところ)からです。

How to play darts

ダーツボーで円状に並んでいる1~20の数字が得点の基準となり、矢が刺さった位置から最も近い数字がプレイヤーの得点になります。

一部のエリアには得点ボーナスが発生します。

  • 一番外側の赤や緑の枠内(ダブルリング)に矢を入れると『ダブル』で得点が2倍
  • さらに内側の赤や緑の小さな枠内(トリプルリング)に入れると『トリプル』で得点が3倍
  • (それ以外は『シングル』

中心には小さな赤と黒の部分を『ブル』と呼び、下記のように得点がもらえます。

  • ブルの中でも内側の黒い点に入れると『インナー(インブル)』で50点
  • ブルの黒い点を囲う赤い枠に入れると『アウター(シングルブル)』で25点

中心に投げるのはかっこいいですが、ダーツにおいて最も得点の高い場所はド真ん中の『インブル(50点)』ではなく、その少し上にある『20のトリプル(60点)』です。勘違いしがちなのでご注意を。

参考:ダーツの点数の数え方|ダーツの投げ方やルールを覚えてダーツバーへ行こう

これらを基本ルールとし、様々なゲームがあります。

1.カウントアップ

カウントアップは、得点を0点から加算し、高得点を狙うゲームです。得点の加算を8ラウンドまで行い、トータルスコアの最も高い人が勝ちとなります。

2.ゼロワン

ゼロワンは、決められた持ち点を減らしていき、ちょうど0点を目指すゲームです。もし持ち点がマイナスになってしまうと「バースト」となり、前ラウンドの持ち点から再スタートとなります。

因みに、ゼロワンの由来は、持ち点が「301,501,701」など、下2桁が01になることからゼロワンと呼ばれています。

3.スタンダードクリケット

クリケットは、簡単に言うと陣取りゲームです。「15,16,17,18,19,20」の数字と、ダーツボード中心の2重円の部分「ブル」を使用します。

6つの数字とブルに当たると、マークがつきます。同じところを3回マークすることで「オープン」という、点数が加算される状態となり、4回目からその数字の得点が加算されます。

自分がオープンした数字に対し、ほかのプレイヤーが3回マークすることで、そのエリアは無効化(クローズ)され、ダーツが入っても得点は加算されなくなります。

ゲームは最大20ラウンドまで行い、全てのエリアをクローズしたときに、最終的に得点の高いプレイヤーが勝利です。また、クリケットには様々な種類があり、スタンダード以外のクリケットも楽しめます。

4.ハーフイット

ハーフイットは、持ち点40からスタートし、ラウンドごとに指定されたナンバーにヒットすれば加点されるゲームです。

しかし、指定ナンバーに3本とも当たらなかった時には、持ち点が半分になってしまうという、非常にスリリングなゲームです。

5.ラッキーバルーン

ラッキーバルーンは、ヒットした点数分が空気となり、みんなで1つの風船を膨らませていくゲームです。最終的に、風船を割った人が負けとなります。

ダーツの投げる数は1本~3本まで、状況に応じて自分で選択することが可能です。しかし、アンラッキーマークがでたら、3本すべてスローしなければいけません。

6.サバイバー

サバイバーは、あらかじめ設定された持ち点(300点)を守りながら、相手の持ち点を減らしていくバトルロイヤルゲームです。

ラウンドごとに各プレイヤーのナンバーが決まり、敵のナンバーにヒットすれば敵の持ち点を減らすことができます。

もし自分のナンバーにヒットした場合は、自分の持ち点が回復します。最終的に、持ち点が0点になったプレイヤーはゲームオーバーです。

7.イーグルスアイ

イーグルスアイは、ブル以外は得点できないという、上級者向けのプラクティスゲームです。シングルブルは25点、ダブルブルは50点で、全ラウンドの合計点を競います。

ダーツの遊び方は様々です。大体の機械で、上記のゲームの種類が選択できますので、面白そうなゲームを選んでみるといいでしょう。

しかし、上記のゲームの種類を大方やったという方もいるかと思います。次に、機械には入っていない、変則ルールをお伝えします。

楽しさ10倍!?ダーツの変則ルール

ダーツをみんなで楽しむための変則ルールは、主に4つあります。

1.ハンディマッチ

ダーツは初心者と実力者の差がはっきりとでてしまうゲームです。そのため、普通のゲームをしても、初心者が実力差に勝つことは難しいでしょう。

そのため、ハンディマッチをすることをおすすめします。

例えば、

  • 初心者の得点は、シングルゾーンに当たっても2倍になる
  • 初心者の持ち点をあらかじめ優位にしておく
  • 実力者は1ラウンドで2回しか投げることができない
  • 実力者は、スローラインより1メートル後ろから投げなければいけない

といったハンディキャップをつけた状態でダーツをすることで、初心者や実力者関係なく楽しむことができます。

2.身体の使い方を制限する

皆さんダーツをするときに、基本的に利き手で投げますよね?そこを逆の手で投げてみてはいかがでしょうか?

きっとコントロールが難しいですが、それは実力者も同じです。ロースコアなゲームになってしまいますが、それはそれで盛り上がります。

右手は左脳と、左手は右脳とつながっています。利き手ではない手を使うことで、集中力を高める効果や意識力を向上する効果、怒りの感情をコントロールする効果があって脳を活性化させることができます。

また、聞き足とは逆の足で立って投げるというルールもおすすめです。バランス感覚を取れず、安定して投げることができませんが、体のバランスを鍛える運動にもなりますし、ふらふらして投げるので、みんなで笑いながらダーツをすることができます。

3.チームプレイを行う

ダーツは基本的に1ゲームを1人で行い、ほかのプレイヤーと対戦するゲームです。今回はその1ゲームを1人ではなく、2,3人でチームを組んで行い、チーム戦を行うことをおすすめします。

チーム戦では、1ラウンドを各1投ずつ投げます。そのため、1人当たりの投げる回数は少なくなりますが、もし得点が低くても、チーム内のメンバーがフォローできます。

また、チームで戦うために対抗心が生まれ、チーム内での結束力が高まります。ダーツ会場にいるレベルが同じくらいのグループと勝負することも面白いです。

4.ダーツで王様ゲーム

まずはみんなでダーツを楽しみ、1回目の勝者を王様とします。その時に王様より、2回目のゲームでの順位を適当に指名し、命令をします。

例えば、

  • 2番目に勝った人がものまねをする
  • 最下位の人が誰にも話せてない秘密を暴露する
  • 4番目に勝った人が、3番目に勝った人にハグをする

などです。

みんな命令に従いたくないので、王様が指定した番号から避けようとします。そのため、みんなゲーム中は真剣になり、ゲーム後は天国と地獄に分かれ、結果として盛り上がります。

まとめ

いかがでしたか?ダーツは楽しい遊び方や変則ルールもたくさんあります。オリジナルルールを作って遊ぶ人も多いです。

これからダーツに行くときは、やったことのない遊びを試しつつ、新しい遊びを考案してみても盛り上がるのではないでしょうか。

この記事がちょっとでも参考になったら嬉しいです。

この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

この記事を書いた人

まるま

大学時代は農・林・水産業を幅広く学んでおりました。また、海外の熱帯作物(パパイアやドリアン、ドラゴンフルーツなど)にも興味があったため、大学時代に海外に行き、熱帯作物の研究をしておりました。大学卒業後、大手小売業界や、中小企業での食品卸売業の経験を経て、現在はフリーでWebライターをやっております。食べること、特に甘いものが大好きで、1日1スイーツを心がける、自分にも甘いスイーツ男子です!

おすすめコンテンツ