【本は、聴こう】amazonオーディブル30日間無料体験

月収10万円以上稼ぐ大学生と稼げない大学生の違いとは?

月収10万円以上稼ぐ大学生と稼げない大学生の違いとは?

大学生になると、高校までとは桁違いにお金が入り用になってきます。

そこで周囲を見渡してみると、いつもお金に困っている学生とそうでない学生が両極端に存在します。

日々の暮らしで精一杯な学生と、好きなものを自由に買えている学生にはどのような違いがあるのでしょうか。

※今回は、月10万円の収入(学費や家賃にかかる費用を除く)を区切りとして考えてみます。一般的な学生のバイト収入は3-6万円が普通なので、月10万円稼げれば十分多い方だと言えます。

月10万円以下しか稼げない学生の特徴

普通のアルバイトをしている

飲食店のアルバイトなど、時給900-1,000円程度の仕事をしている場合、10万円稼ぐには100時間以上の労働時間が必要となります。通勤や仕事の休憩時間等を考えると、より多くの時間が必要です。

多くの人が働いている大手チェーン店等でのアルバイトでは、安定したシフトが入れたりするものの、大きく稼ぐことはできません。必要最低限だけ稼げれば良いという方におすすめです。

日々コツコツ働いている

学業の傍らでアルバイトをするには、1日4,5時間の労働を週3,4程度働けたら良い方です。土日はサークル活動やデート等でシフトを入れるのは難しいと思いますので、稼げて8万円といったところでしょうか。

学業終わりにバイト先に顔を出してコツコツ稼ぐタイプは大きく稼ぐことは難しいです。

真面目に授業を受けている

稼ぐことに重点を置いた場合、大学の授業は要領良く受け、履修を固めて入れて平日に休みの日を作るなどの工夫が求められます。

真面目な学生は平日は毎日大学に通い、時間が空いたら図書館で自習するなど、真面目に大学に通っています。このような学生でも月10万円以上稼いでいることもありますが、かなり希です。

このような学生はあまり稼げない典型例ですが、実際に稼いでいる人はどのようなことをしているのでしょうか。

月収10万円以上稼ぐ学生の収入源とは?

いつも財布に余裕のある学生は何でお金を稼いでいるのでしょうか。

裕福な親からの仕送り

推定月収10-50万円

裕福な家庭に育った学生は、学費や家賃とは別に数十万円の生活費を毎月振り込んでもらっていたり、限度額無制限のクレジットカードを持っていたりします。彼らはほとんど働かずに学業や自らのビジネスに専念するか、時にはクラブ通いでハッスルしまくっています。

子は親を選べないとは言いますが、彼らは運良く家庭環境に恵まれて最も苦労せずにお金を得ています。一見楽そうに見えますが、両親から強い期待や重圧をかけられていることも多く、頑張り屋さんと遊び人で極端に分かれます。

土日を犠牲にして働いている

推定月収10-15万円

土日は高時給のバイトが多く、土日を犠牲にしてフルタイムで働いた場合、月10万円以上は稼ぐことができます。家電量販店など、土日で働いて稼いでいる学生も多くいますが、その大半はサークルや学生団体に参加せずにぼっち気味な生活を送っていたりします。

高時給のアルバイト

推定月収10-50万円

土日のバイトだけではなく、キャバクラのような夜のバイト、高学歴なら家庭教師や塾講師のバイトなど、高時給のバイトで効率的に稼いでいる学生もいます。

良い仕事であれば時給2,000円-10,000円程度もらえたりするので、普通のバイトの何倍(時には10倍以上)もの速さでお金が溜まっていきます。高時給のバイトは、学歴や顔面偏差値、専門スキルが必要となりますが、確実に存在しています。

時間だけ見るならば時給は高ければ高い方が良いです。責任感を持った仕事が求められますが、挑戦できるなら迷わずに申し込んでみましょう。

高単価な営業の仕事をしている

推定月収0-50万円

1件成約につき1万円といった成果報酬によって収入が増える営業の仕事をして稼いでいる学生もいます。私の知り合いは学生時代にネット回線か何かの営業で月70万円以上稼いでいたそうです。

コミュニケーション能力に自信があり、営業に興味のある学生は高額な成果報酬のもらえる仕事を探してみるのも良いかもしれません。

高収入なインターンシップ

推定月収10-50万円

例えば映画のモデルにもなった、ワークスアプリケーションズのインターンシップでは、20日のインターン参加で一律15万円、特別報奨金として最大50万円が支給されます。

インターンシップの形態は様々ですが、稼げる仕事も多数存在しています。

投資

推定月収赤字-100万円

最近では、株式や仮想通貨やFXといった投資で稼いでいる学生も増えています。投資なので元本割れして損をするリスクもありますが、センスのある人はほぼ負けなしで勝つことも可能な世界です。

※投資をする際は余剰資金を使用しましょう。

クラウドソーシング

推定月収1-20万円

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービスで稼いでいる学生も増えています。例えばライターの仕事であれば、1文字1円の報酬がもらえる案件があったりします。

1文字1円なら、3,000文字書けば3,000円です。文章作成が得意な人はもちろん、他にも様々な仕事があるので、隙間時間に稼ぎたい人も試しに利用してみてはどうでしょうか。

クラウドソーシングは、Web制作やプログラミングが得意な人が稼ぎやすいです。

ネットビジネス

推定月収赤字-1,000万円

ブロガーやYouTuber、アフィリエイターという言葉を知っていると思いますが、インターネットを活用した仕事で稼いでいる学生も結構な数います。

ネットビジネスは最初が大変ですが、稼げるようになってくると安定した収入が得られるようになってきますし、ファンが増えれば収入は青天井に増えていきます。

水溜りボンドさんのように、学生の傍ら年収数千万円といったお金を稼ぐことも可能なので夢がありますね。

企業経営

推定月収赤字-100万円

※学生起業家の場合

珍しい部類ですが、起業して会社を経営している学生もいます。学生起業家の大半は全然稼げずに一般企業に就職していきますが、中には事業が軌道に乗ってそのまま就職せずに会社経営者として仕事をしていく人も少なくありません。

プログラミングが好きな学生であれば資金をほとんど必要とせずに起業できたりするので、起業してみたい方は挑戦してみてはどうでしょうか。

貧乏は一様だが、裕福は多様である

『幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである。』トルストイ

このような名言がありますが、実際はどうでしょうか?

お金のない学生ほど一様な学生生活を送り、お金のある学生ほど多様な学生生活を送っています。

もしあなたが一様な学生生活を送っているとしたら、そこから飛び出せば月10万円以上稼げる生活が待っているかもしれません。

希少性の法則で分かるように、他の人と同じでは大して良いことはありません。

インターネット社会では選択肢は無数にあるわけなので、無難な選択肢ばかり選択するのではなく、奇抜な選択によって人生に変化をもたらしていきましょう。

まとめ

月収10万円以上稼ぐには?

「稼ぎたい」と思った時に、来月からいきなり月10万円以上のお金がもらえるような仕事はありません。

ですが、きちんとした技術を積み重ねていけば、稼げるようになっていきます。YouTuberなんかは毎日1本の動画をアップするのはとても大変ですが、それを積み重ねて動画の質を向上させていくうちにファンができ、お金もついてきます。

「何もせずに楽して稼ぎたい」ではなく、「努力するから稼ぎたい」という風に考え、あなたに合った方法を探していくのがおすすめです。