大学生の退学事情|中退と除籍の違いは?就活はどうなる?

大学生の中退事情

大学生の中には中途退学を希望する学生も少なからず存在します。

また、各大学の規定により学費を支払わないなどで除籍処分になる学生もいます。

大学を辞めるにしても、退学か除籍の違いなど分からないことが多かったりすると思うので、今回はその辺りと大学を辞めた後に何が待っているかについてまとめておきます。

※大学によって情報が異なる場合があるので、退学を検討している方は自分の大学の情報をきちんと調べてください。

この記事を読んで分かること
  • 退学の除籍の違いとは?
  • 除籍の何がいけないの?
  • 大学を辞める大学生の割合
  • 大学中退者が大学を中退した理由
  • 大学を中退したら就職はどうすればいいの?

退学と除籍の違い

まず退学と除籍の違いについて説明します。これ、意外と勘違いしている人がいるようなので注意してください。

退学は、児童・生徒・学生が、卒業・修了せずに学校を辞めること。
(退学は主に、中途退学・満期退学・自主(任意)退学・措置退学・懲戒退学の5つに分類されます。)
除籍は、学校などにおいて学生・生徒等が在籍している状態から在籍していない状態になることを指します。

分かりやすくすると、こういうことです↓

  • 退学は、(生徒が)学校を辞めること
  • 除籍は、(学校側が)学生に対して行う退学処理のこと

中退と除籍は似たようなものとして捉えがちですが、意味は全然違いますね。

一般に話に挙がる「大学を除籍になる」ということは、先の分類における中途措置退学に分類されるのではないかと思います。

様々な大学の情報を調べてみましたが、例として中央大学のホームページでは、除籍についてこのような説明がされていました。

『次の各項のいずれかに該当する場合は除籍になります。

  • 新入生で指定された期限までに履修届を提出しない者、その他本学において修学する意志がないと認められる者
  • 学則に定める期限までに、学費を完納しない者
  • 在学できる年数を越える者(8年、編入生は6年まで)
  • 退学届を提出し、退学の決定をされた者』

参考:中央大学『休学・退学・復学など

要するに、退学した者は除籍されるわけで、退学と除籍を全く別のものとして捉えるのは間違っています。

知○袋などの一部の情報サイトでは、

  • 退学は大学に在籍していた記録が残るが、除籍は大学に在籍していなかったことにされる
  • 除籍となった場合、履歴書に大学名を記載すると経歴詐称となる
  • 中途退学は再入学できるが、除籍となった場合には再入学することができない

という説明もありましたが、各大学が公表している学則などを見てみると、これは正しくないことが分かります。

実際には、

  • 除籍となった場合には除籍証明書を発行してくれるし、在籍していたデータは残る
  • 履歴書に○○大学中退などと記載しても問題ない
  • 除籍となっても再入学することはできる(事情によっては拒否される)

のです。いくつかの大学の退学に関する説明を見てみると、除籍という言葉を使わずに、大学を辞める学生に対する措置を全て退学という言葉で説明していました。

ネットに書かれていた「除籍になると大学に在籍していなかったことにされるから、大学に通っていたと言っていはいけない」なんてのはおかしな話です。

Column

在籍データを完全に削除する際には、「抹籍」という言葉を使用する

ただし、大学によって情報は異なり、除籍と抹籍として扱っているところもあるようなので、本気で大学を辞めようと考えるなら自分の大学の学則などを調べることはもちろん、早い段階で専用の事務室まで話を聞きに行ってください。

除籍の何がいけないのか?

ここでは自主的に中途退学した場合と、学費未納等で除籍させられた場合を比較して考えてみます。

1.除籍という言葉の印象が悪い

日本ではホリエモンが良い例ですが、大学を中退して事業家として成功し尊敬を集める人はたくさんいます。なので、中退に対して悪いイメージを持っている人の割合はそう多くないですが、除籍となると良いイメージはありません。

中退を除籍を会社で考えてみると、以下のようになります。

  • 中退=辞表を出して辞めること
  • 除籍=会社にクビさせられること

こう見ると中退よりも除籍の印象が悪いのが納得できるのではないかと思います。

よって、除籍処分になった場合、履歴書には「○○大学 除籍」と書くのではなく、「○○大学 中退」と記載するべきでしょう。

※面接などで除籍処分されたことが判明すると、人によっては「中退じゃなくて除籍じゃないか!」と怒ってくるかもしれないので、「金銭的な事情があり、退学することにしました。」などと、自主的に中退した方向へミスディレクションさせた方が良いです。

2.除籍処分になると就活に不利となる

中退した場合は、大学中退証明書が発行されます。ですが、除籍処分となった場合には除籍証明書が発行されることになります。

もし大学中退と記載した履歴書に対して証明書を用意する必要があった場合、除籍処分となった学生は除籍証明書を提出するしかなくなります。(これで自分が何か理由があって退学させられたことがバレます。)

一般に除籍に対して良いイメージを持っている社会人は少ないですから、「こいつ何かしでかしたのか…」と中退よりも悪い印象を与えてしまいます。

さらに、中退は自主的にするものですが、除籍は大学側にされるものであり、理由を聞かれた際には「なぜ自分が大学を辞めたか」ではなく、「なぜ大学に辞めさせられたか」を答えなければなりません。

就職面接で周囲はみな大卒で自己アピールをしている中、かなりのマイナススタートとなります。大卒見込みのみんなと同じようにやっていては就職は難しいかもしれません。

3.倫理的に良くない

学費未納などで除籍となるとうことは、家賃未納で賃貸物件から追い出されるようなものです。

家賃が払えないなら事前に申告して出ていけば良いのに、言わずに滞納して居座るのは倫理的に良くないですよね。

残念ながら、学費を払えないのであれば大学に通う資格はありません。どうしても支払いが難しいのであれば中退手続きを踏んだ方が気持ち良く大学を辞められるはずです。

大学を中退する学生の割合

毎年8万人近くが大学を中退している

中途退学者数

  • 79,311人(2.65%)

参考:文部科学省『学生の中途退学や休学等の状況について

私立4年生大学の8〜9人に1人は大学を中退している

「私立4年制大学では8~9人に1人が中退している計算になります。中退者の分布を学部別にみると、教育・医・歯・農など卒業後の仕事がイメージしやすい学部では少なく、文・経済・経営・商・社会などの文系学部で比較的多い傾向がありますね」(NEWVERY 山本繁理事長)

参考:ダイヤモンドオンライン『私大生の8人に1人が中退者になっていた!?大学から生まれる“格差社会ニッポン”の恐るべき実態

もしこれが本当だとするなら、かなりの割合ですね。データの信憑生は微妙ですが、文系の学生はなんとなくで大学に進学することが多く、中退率が高いとは思います。

大学中退者が大学を中退した理由

学業不振での中退が最多

最も重要な中退理由

1位:学業不振(42.9%)
2位:家庭・経済的理由(妊娠出産含)(19.3%)
3位:進路変更(15.1%)
4位:病気・怪我・休養(10.9%)
5位:人間関係・大学生活不適応(10.0%)

参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構『大学等中退者の就労と意識に関する研究

「日本の大学は入るのは大変だが、入ったら楽勝だ」という見方が強い気がしますが、学業不振による中退者が最も多いようです。学業が難しいというよりも授業がつまらな過ぎるのかもしれません。

基本的な中途退学申請の流れ

大学を自主退学する場合、以下の流れで退学手続きを行うことになります。

  1. 「学生生活課」に退学したいと申し出る
  2. 退学の理由を述べる
  3. 書類を貰う
  4. 親からの署名と自分の署名を記し印鑑を押す
  5. 「学生生活課」に提出
  6. 数ヶ月後、退学届出受理

大学中退者が中退した後にすること

大学中退者の3割が正社員として就職

中退した直後に実際にしていたこと

  • 1位:正社員として就職(32.1%)
  • 2位:新しくアルバイトを始める(31.8%)
  • 3位:今のアルバイトを継続(27.3%)
  • 4位:資格取得(10.6%)
  • 5位:特に何も考えていない(8.5%)
  • 6位:他の学校へ入学(3.9%)
  • 7位:職業訓練を受ける( 3.7%)
  • その他:8.4%

参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構『大学等中退者の就労と意識に関する研究

大学を中退してすぐに正社員として就職する人は3人に1人程度であり、多くがアルバイトで生計を立てているようです。こうした状況を見ると、何となくで中退するのは好ましくないですね。

 

大学を中退したら就職はどうすればいいの?

大学を中退する際に死ぬほど悩むのが就職についてです。

やりたいことがあって中退したのであれば良いですが、経済的な理由で大学に通えなくなった場合などはどうすれば良いでしょうか。

ポイントとなるのは、

  • 大卒者と同じ土俵で戦わないこと

です。(あくまで個人的な意見です。)

新卒の学生がいっぱいいるような就活系イベントに出席して良い企業から内定をもらおうと思っても、同じ条件であれば大卒者の方が優遇されやすいですから中退だと希望する企業から内定をもらうのは難しいでしょう。

なら、別の方法を考えましょう。例えば、以下のような方法があります。

1.働きたい企業にバイトやインターン生として潜り込む

大手企業はきちんとした実績がなければ内定は難しいですが、成長しているベンチャー企業であれば常に人手が足りてないので、正社員でなければ簡単に潜り込むことができます。

社員数の多い企業だと雑用ばかりになる可能性が高いので、狙い目は少数精鋭のベンチャー企業です。こういった企業なら代表や優秀な社員の近くで働けて劇的な成長が見込めると同時に高収入へと繋がりやすいです。

2.プログラミングを学習して付加価値をつける

現在プログラミング人材は世界的に不足しています。そんな中でプログラミングさえ身につければ就職に困ることはありません。

就職支援をしているプログラミング学習スクールもあり、そういったスクールなら授業料も安く済みます。(育成した人材を企業に斡旋することで収益を得ているため)

参考:『プログラミングのオンラインスクールCodeCamp
参考:『TechAcademy [テックアカデミー]

このように普通の大学生として普通の就職活動を行うのではなく、ほんの少し違ったやり方にすれば就職は難しくありません。(面接だけして即内定は難しいので正社員になるまでちょっと時間はかかりますが…)

中退してもやり方次第でそこら辺にいる大卒よりも圧倒的に稼ぐことも可能です。

中退したからといって諦めることはないので、ぜひ頑張ってみてください。

大学生の中退事情

面倒な登録作業を一括できる神サービス
Start就活

就活生は平均5~10の就活サイトを利用するけど、同じ情報を何度も入力するのは大変。 Start就活なら就活サイトへの一括登録でき、5~6時間もかかる登録作業を10分前後まで短縮できます。 入力するのは一度だけ。もちろん利用は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA